やっぱり揃えたい

2014年08月07日 22:00

個人的に世界一カッコイイと思っているボトルケージはELITE PATAO。トラディショナルな丸パイプのボトルケージしか知らなかったので、こいつを見た時は驚きました。キレイで無駄のないデザイン。カーボンなどもありますが、やはりアルミ製のモノトーンモデルがこのモデルの良さを一番引き出していると思います。
取り付けの穴が2段階でかなり長い穴になっているので取付け位置の自由度も高く小さいフレーム乗りには非常にありがたい構造となっています。これ、地味に良い所。
392fe9a6af28e042387cb4cbc2f8c498_patao_std_black.jpg

そんな訳でSpecializedにはずっとこのパタオのアルミブラックを装着していたのですが、Avedio Tool Box(※1)を取付ける為に仕方がなくMINOURA Dura-Cageを使い始めました。

duraxpatao.jpg

黒いDURA CAGEを購入して使っています。このDURA CAGE。700円程で購入できるのにも関わらず、ジュラルミン製で非常に軽量。最近の有機的なカーボンフレームにはちょっと似合わないかもしれませんが、シンプルな形状は嫌いではありません。前側も合わせて統一しようかな?とも思っていました。

elite_patao_black.jpg

パタオも使い続けているので大分やれてきてますしね・・・。DURA CAGE購入でほぼ決めていたのですが、エリートの保冷ボトル(DEBOYO)を購入した都合で金属製ではなく、プラスチック製のボトルケージが欲しくなったってわけ。


WANTED
"AVEDIO TOOL BOXが入るプラスチック製のボトルケージ"

金属製の保冷ボトルと金属製のボトルケージで傷が凄そうだし、音も気になりそうですし。ただ、先に挙げたようにAvedioのTool Boxとの相性があるから簡単には見つからない・・・。Avedio Tool Boxをショップに持って行きこれとフィットするプラスチック製のボトルケージを探すたびに出ました。もちろん店員さんに断ってね。

で、結果は・・・ひとつもなし・・・。TOPEAKのマルチボトル対応のモジュラーケージはイケル感じでしたが、ペットボトルも行ける調整式ってのがロードレーサーのストイックさを台無しにしてしまうので却下。その他のプラスチック系は全滅でした。


パリ〜ルーベなどでも使用され保持力には定評のあるELITE(エリート) CIUSSIはアルミ製でありながらGELパッドがステンレスボトルを優しく保持してくれそうではあります。フレーム固定側は金属と金属の触れ合いになりそうですけど・・・


ステンレスの方は繊細な感じがポイント高いですね・・・カッコイイ。でもやっぱり金属同士が擦れ合う事は必至。


やっぱり前後違うのでも我慢するしかないか・・・それともこのAvedio Tool Boxを諦めるか・・・そもそも夏はダブルボトルだからTool Boxの事考えなくてもいいんですよね。DEBOYOも実は普段使いの事を考えて買った所もあるので・・・それに細かい傷を気にする質でもないんでね。カーボン製を購入する気はないので2000円もあれば買えるところからダブルボトルの季節とそれ以外でボトルケージを着替えてもいいしね。なんだか無理矢理買い物しようとしている感じがして止めときます。

それよりダブルボトル対策でサドルバッグを購入するのが先でした。ポンプを入れるには小さすぎるSpecialized純正バッグの次を探さないとね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

※1初期型のAvedio Tool Boxはケースが若干大きくサイドが開くタイプのボトルケージしか使えません。現在販売中の新型はこの問題を解消しているそうです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/435-df170774
    この記事へのトラックバック


    最新記事