スプリットジャケット(度入り)レビュー

2014年07月20日 10:00

雨が降るのはわかってたんだけどね。夏の雨は気持ちよかったりするもんでキライじゃありません。結構、そんな人多いですよね?



もちろん度を入れたサングラスのテストライドにも雨って条件はもってこいですし。これまで通勤ライドで晴天、夜間にて使いましたが今日は雨です。



従来のコンタクトとサングラスでは汗と雨が目に入りなかなかのシビアコンディションになる所ですが、やはり裸眼にメガネは楽ですね。日焼け止めが目にしみるな・・・って思えば目をこすったり(ダメですけど)水道で目を洗う事だって問題なくできます。視力が良い人には当たり前なんですけどね。

ハイカーブレンズにかなり強烈な乱視矯正をしているのに、視界の端も問題なく見えて非常に快適です。ルックスの問題がなければ普段使いもしたいぐらい。私が視力を悪くしたのは成人してからで、学生時代の部活(バレーボールや野球)、その後に始めたサッカーではメガネいらずだったんですよ。その頃の感覚を思い出しました。メガネを安価に作れるようになって、レンズだけで40,000円はなかなかの出費ですが、その価値は十二分にあったと言えます。いろいろなものを試してここに辿り着きましたが・・・長い旅でした。



このレンズを長く使えるように、少々くたびれてきたスプリットジャケットのノーズパッドやソックスを新品に交換してもらいました。ただ、フレーム本体のフィット感は落ちているはず・・・そこで廃盤になってしまったスプリットジャケットを探して購入しておきました。色は選べず、USモノですが。



ただスプリットジャケットはのアジアンフィットは存在せず、日本出荷用はノーズパッド「大」がデフォルトで装着しているだけ。今回のUSモノはデフォルトで小さいノーズパッドが装着されていたので、付属の大きいノーズパッドに交換しました。



度を入れた特注レンズも新しいスプリットジャケットフレームの問題なく装着できて一件落着。掛けてみてもフィット感は抜群でいいですね。古い方は、シビアコンディションの時に使う時はウインドジャケット化して使おうかと思っていましたが、新品は全くその必要はなさそう。

rsys_mavic.jpg

いやぁ、なんだか整ったな。これでオートバイも不安なく乗れそうだし凄く満足。乱視が強くてサングラスは無理だと諦めていた人は・・・

1. 眼科にて視力検査をして処方箋
2. その処方箋で安価なメガネを作って使ってみる
3. スポーツサングラスが得意なお店で処方箋を元にチューニングしてもらいオリジナルレンズ製作

これで完璧だと思いますよ。

今までボレー、アーネット、ドラゴン、スパイ、zero rh+、レイバン、ブリコと多くのサングラスメーカーのものを使ってきましたが、スイッチロックシステムを装備したオークリーこそが現在のところ究極のアイウェアだと思います。今回のようにスペアフレームを購入すれば自分でレンズを簡単に入れ替えられるし、コンタクト使用時はノーマルレンズを天候に合わせて入れ替える事もできる。

上下動のあるランの時はその重さが気になるし、下目使いするゴルフではリムレスのサングラスをお勧めしますが、サイクリストにはこれがベストです。今はスプリットジャケットは廃盤になってしまったので、レーシングジャケット一択でしょ。



視力良かったらレーダーロック・エッジとか使ってみたいけどな。ランにもゴルフにも良さそう。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/427-0a0f562f
    この記事へのトラックバック


    最新記事