次期ロード用ホイール

2014年07月18日 08:00

Specialized Tarmac Proに使っているShimano WH-7850SLホイールはチューブレス対応なのでシクロクロスに使う事に決めた事はお伝えしましたね。そこでロード用のホイールを準備しなければなりません。
2015racingzero2.jpg
予算があまり関係ないのであれば、前にも記事にした黒いリムのアルミクリンチャーホイールが欲しいところですが、私にとってあまり現実的な金額ではありません。よくもまぁ、アルミのクリンチャーの価値をあそこまで上げられた物だと思います。セラミックベアリング、カーボンハウジングのハブ、電解酸化処理された黒いリムも魅力的ですが、価格の前には沈黙を貫くしかありません。

【条件】
・実売で¥80,000くらい
・クリンチャーホイール(チューブレス対応かは気にしない)
・ WH-7850SLとキャラクターが違うもの
・カンパでも使えるもの
・カッコイイもの

こんな所かな。全部満たしていなくてもいいけどね。

Campagnolo Eurus
eurus_black.jpg

筆頭候補はカンパのユーラス。特徴的なG3スポーキングは見た目もよろしい。以前、試乗車の感触が良くてZONDAで悩んだ事もありました。WH-7850SLからのステップアップって考えるとステンレススポークのZONDAではなくアルミ扁平スポークのEURUSまでいきたいな。シマノとカンパのミックスについてはもう迷いはありません。

Fulcrum Racing 1
racing1.jpg

EURUSがオッケーなら兄弟ホイールのレーシング1も候補に入ります。こちらはスポークのレイアウトがちょっと違うだけ。2:1 Two-to-Oneレイアウトは初期より大分G3に近くなってきました。

MAVIC R-Sys
rsys_mavic.jpg

MavicだとやっぱりR-Sysかな。空力の問題でヒルクライムにはいいけど平地では使いにくいと聞きますがどうなんでしょうか。条件的に価格が適合しない感じですが、個性って点では合格です。発売当時に自分のTarmacに付けて試乗した事もあるのですが、あまりピンと来なかったのが気にかかりますけどね。

ROLF PRIMA Vigor α
Rolf_Prima_Vigor_Alpha.jpg
もう見た目オンリー。このRolf組みは迫力ありますよね。R-Sysとは逆に空気の抜け感に期待できるスポークの少なさ。テンションはきっとかなり強くて疲れるホイールなのかもしれませんが、そんな乗り手を選ぶ感じもいい。WH-7850SLの用にチタンフリーハブボディーもツボ。ラージフランジの肉抜きもいいな。これも価格が問題だけどね。

シマノはなるべく使いたくない派なので今回こそはパスしたい。別にシマノに恨みがある訳ではないが、折角趣味の遊びなのだから個性的で面白いのを使いたいだけ。レースとか考えるとコストパフォーマンスに優れたシマノホイールも候補に挙がってくるんでしょうけどね。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/425-094a4a6c
    この記事へのトラックバック


    最新記事