スポーツサングラスの検眼

2014年07月16日 08:00

oakleyのサングラスに度を入れたよって話のつづき。

OAKLEY SPLIT JACKET

前回、検眼について書き忘れましたので追記します。今回のオークリー・スプリットジャケットは、以前作ったzero rh+と同じくサングラスミュージアムへ依頼しました。ただし、サングラスミュージアムでは検眼をしていません。

それは何故か?

blogを読んで頂いている方には耳タコだと思いますが、私の視力は少々厄介な所があります。円錐角膜って症状により乱視が非常に強いんですね。それによりメガネでの完全な矯正はできません。更にソフトコンタクトレンズもダメ。唯一矯正できるのは特別にカーブをきつくしたハードコンタクトのみになります。

zero02.jpg

メガネでは本当に見えなくて困っていた所でサングラスミュージアムの検眼に対するこだわりの記事を読んでzero rh+を作ったわけです。ただ結果は・・・満足のいく矯正にはなりませんでした。誤解のないように付け加えると、度の強さの調整はその後も受け付けてくれる保証もありますし、この辺は作り手と使用者のキャッチボールが必要な部分があるので、もっと踏み込んで調整してもらえば良かったのですが、クリップオン式に馴染めなかったので、それ以上は求めなかった所もあります。



メガネは補助的なものと割り切り弱矯正で過ごしていたが流石に辛くなり、もう一度挑戦しようと決心。眼科にて床が歪む直前くらいまで矯正を強くしてTRY。試験的な意味も込めてお財布に優しい安売りメガネで試した訳。それがBINGO!真っ直ぐの柱が真っ直ぐ見えない所はあるんだけど、映画の字幕もメガネで見えるようになり、非常に助かりました。



その後、999.9のフレームにも同じ処方箋でそれなりの価格のレンズを入れてもらったら柱が真っ直ぐに見えるようになって大成功。満を持してのサングラス製作とあいなりました。



そんな訳で検眼は改めて行なわずに、処方箋にて製作を依頼しました。ただ8カーブ以上のハイカーブレンズなので、それようのアレンジをサングラスミュージアムさんでしてくれたようです。

長くなってしまったので使用感レビューはまた今度。私のようにちょっと視力に問題がある方は、高価なサングラスを作る前に安売りメガネで作ってみるのも手だと思いますよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/423-44cb2aef
    この記事へのトラックバック


    最新記事