オークリーに純正以外の度付きレンズを入れる

2014年07月13日 22:58

前回お伝えした通り、オークリーのスプリットジャケットに度入りのレンズを入れてもらいました。オークリー純正では矯正できない乱視です。お店で注文してからちょうど2週間で完成しました。早速引き取りにいってきましたよ。

OAKLEY SPLIT JACKET

まぁ、ここから正面から見ると、レンズの両端の色が濃くなっていますよね?ハイカーブサングラスに度を入れると端は厚みがかなり出てしまいます。レンズの色はどんな条件でも使いやすそうな50%のグレーにしました。ここは苦渋の決断・・・本当は天候によってレンズカラー交換したいんですけどね。



ここから見るとフレームからはみ出しているのがわかりますよね?これだけ出るのでサングラスと顔が近すぎるとレンズが当たってしまう場合がありそうです。



顎の部分を解放します。フレームに入る部分は薄く段差を付けて製作してあります。それなので、度入りのレンズを作ってもらう時はフレームも一緒に加工へ送ります。



レンズの厚みが出てしまうので重さも気になるところでした。スポーツサングラスに限らずメガネの重量バランスは大事です。自転車の場合特に下を向いている時間、そこから上目使いになる瞬間がありますよね。その時にメガネが動いたら深いですから。

3color.jpg

そこで各レンズの重さを計測しました。左と真ん中はオークリーの純正レンズです。右が今回作ったNXTレンズ。4gから6gへ2gの重量増加となりました。2gって聞くと小さいのですがパーセンテージで考えるとなかなかのものですね。

掛けた感じは思ったよりは違和感がありません。このまま使えるなと思いました。普段のメガネよりもカーブがきついので両サイドの視界がやっぱり歪む感じはありますが、仕方がないでしょうね。メガネの取扱説明書にも書いてあるのですが、慣れるまではクルマやオートバイ、自転車の運転には使わずに普段使いで着用時間を伸ばしていくようにとの事です。

今回、預けたついでにイヤーソックとノーズパッドも新品に交換してもらいました。メーカーに送って交換になるとの事だったのですが、楽天などでも交換部品が安く売ってますよね?あれって・・・。

今回のレンズ製作は約4.5万円かかりました。その費用対効果はあるのか?使ってみてまたレビューします。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/421-bdc6940d
    この記事へのトラックバック


    最新記事