君もディスクブレーキに?

2014年06月21日 08:00

何でもアメリカではグラベルグラインダーと呼ばれるちょっとしたオフロードを走る事ができるロードバイクとシクロクロスの間みたいなバイクがトレンドみたい。

2015-GT-Grade-carbon-gravel-road-bike01.jpg

通勤用からランドナー的な旅バイクとしての用途と幅広く使えそう。今でも低価格のシクロクロスバイクは、そのような用途に向いていて人気があったりするようですが。

2014-Specialized-S-Works-Roubaix-SL4-Disc-brake-road-bike06.jpg

ロードバイクでも当たり前のようにラインナップされるようになってきたディスクブレーキ。シマノから油圧ブレーキが発表された事もあり普及して行くんでしょうね。一足先にリリースしたSRAMはリコールになったりとゴタゴタはありましたが、需要を作って新しい物を売って行かないと...メーカーにも事情はあります。



もちろんディスクブレーキの有利な点はいろいろあるでしょう。特に新しいジャンルのオールロード(グラベルグラインダー)には相性の良いアイテムかもしれません。悪い環境でも安定したブレーキ性能が確保できる事はMTBで証明されていいるでしょうからね。

EurobikeDemoDay-ColnagoC59Disc-Packshot.jpg

ただロードはどうなんでしょうか。UCIがGOサイン出したらプロツアーチームは使うようになるのかな?そりゃスポンサー様に意向で使う事になるか・・・。リムへの攻撃性がなくなるからブレーキング時の発熱が怖かったカーボンクリンチャーにはいいだろうな。一気に普及するかも?その分、ハブやスポーク、フォークの強度、セッティングが研究されていくんでしょう。

なんとなくエレガントじゃなくて個人的にはまだロードにはピンと来てません。ただ電動コンポに油圧ブレーキを使えば、ワイヤーと違ってルーティングに自由度が出るので全て内蔵したシンプルなバイクが造れたらそれはそれでいいかも。整備性は別として。オートバイのカスタムをしていた時にできるだけマイナスのカスタムをしていました。オプションを取付けるのではなく、機能やスタイルを研ぎすませる方向の方が好き。そう考えるとね、ディスクは微妙なんだよな。



メリットとデメリット、性能とルックス、整備性、話題性、価格・・・いろいろ考慮する材料はありますが、使ってみたいと思ったらその興味が簡単に勝ってしまうんだろうな。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/405-99a25980
    この記事へのトラックバック


    最新記事