オリジナルグラフィック 1

2014年06月19日 08:00

先日、第2案のジオメトリー表が届きまして、気になっていたトップチューブの長さが解消されたので基本的にこれでお願いする事にしました。納期だとか金額とか目安がわかればGOって感じです。

ジオメトリーはこれでOK!コンポ関係も見えてきた。さぁ、次はお楽しみのグラフィックです。


Photo by Jonathan Maus

オーダーフレームへの憧れや有用性について語る時に、まずはスポーツの道具なんだから自分の体格や用途に合ったものを(近い物から選ぶのではなく)合わせて造れるって所だと説明しました。そこは確かに大事なのですが、それと同じくらい大事なのは、それが愛着の持てる道具となるか?って所だと思います。


Photo by shinya suzaki

エース級のプロ選手がメーカーからシグネチャーモデルなどの特別場バイクを供給されるように、オーダーをすればメーカーのラインナップから気に入ったカラーリングを選ぶのではなく、シグネチャーモデルを造る事ができるんです。このオレンジのバイクはSpecializedがシャバネルの為に造ったスペシャルバイクです。このバイクでモチベーションをアップさせたシャバネルはツール・ド・フランスで大逃げをしてフランスを湧かせました。

sworksltd152.jpg

ナショナルチャンピオン用のバイクもスペシャルバイクの代表のひとつですね。新城幸也のコルナゴが記憶に新しいところ。このBMCはヒンカピーのアメリカチャンピオンモデル。オバQにこんなのいましたね。


Photo by Jered Gruber

マイヨジョーヌやマリアローザカラーはちょっと恐れ多いかもしれませんが、ワンポイントで世界チャンピオンのアルカンシェルなら取り入れやすいかな。


Photo by Bug

こんな風にね、カッコイイグラフィックのお手本はいくらでもあるんですよ。しかし、そのまま真似しても芸がないし、きっと飽きちゃうんだろうなと私は思います。だからと言って誰も見た事がない創造性溢れる斬新なグラフィックを産み出せるかと言われてもね・・・それにそんな奇抜なのは望んでいない。


Photo by Chris Owens

あまり目立たずトラディショナルなんだけど、愛着が持てる自分のアイデンティティが表現されたモノがいいと思っています。でもそれって何でしょう?

つづく

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/404-58cddb3d
    この記事へのトラックバック


    最新記事