細かい仕上げや塗装以外は誰が?

2014年06月17日 21:00

9月からの年式チェンジに向けて、ツール・ド・フランス前になると各メーカーが気合いの入ったニューモデルを発表します。コルナゴのC60にスペシャライズドのターマックに続いてピナレロからは新しいドグマが発表されました。その名も「DOGMA F8」。
Dogma F8 profilo
個人的にはちょっエモーショナル過ぎて苦手なスタイルだったピナレロですが、今回のF8は第一印象としてカッコイイなぁと思いました。新しい形状のフォークにイタリアンBB、整備性を考えてブレーキはノーマルだったりと、トレンドを取捨選択しながら実践的オールラウンドバイクに仕上げた凄みがあるからかもしれません。詳しくはシクロワイヤード掲載の特集提灯記事(広告)で。

しかし、記事写真注釈で・・・

細かい仕上げや塗装は全てイタリアの職人の手で行われている


とか書く前に、逆に細かくない作業になるんですかね・・・カーボンフレーム本体の製作は誰がどこでやってるの?乗って感じる素晴らしさが大事なのはわかってますが、それと同じくらいブランドイメージで飯食ってるわけなんだから生産地は大事でしょ?例えば"こんな素晴らしい管理されたOEM工場で製作して・・・"って枕詞があった方が誠実なんじゃないかと思うんだけど。この自転車をどこで作っているの?日本の代理店の方はちゃんと答えてくれるのかな?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/402-238be7a1
    この記事へのトラックバック


    最新記事