王者陥落!?

2010年04月16日 15:41

94回目を迎えたロンド・ファン・フラーンデレン2010が4月4日にベルギーで行われた。この歴史ある熱いレースをスカパーさん無料放送でやってくれました。Le Tour de Franceのどっかのステージを放送するよりインパクトありますよ。特にこのレースは熱かった!

SAXO BANKのファビアン・カンチェラーラが圧巻の走りで優勝。カペルミュール(最大斜度19度の石畳)でベルギーの英雄で優勝候補の筆頭トム・ボーネンを置き去りにした時は言葉も出ませんでした。タイムトライアルの世界チャンピオンで独走力は他の追随を許さないのですが、石畳の急勾配であの走りとは・・・。自分のウィークポイント&ライバルの得意な場所でしたからね。
昨年の世界選手権ロードは、登坂力のある選手向きでしたが、そこでも終盤までしっかり残ってくる辺り進化を続けています。

これで5つの偉大なクラシックレースの中で3つの優勝を飾りました。残りは、リエージュ・バストーニュ・リエージュとフレッシュ・ワロンヌ。どちらも山を登れる選手でないと優勝は難しいのですが・・・この男なら不可能じゃないのでは?

最後のインタビューでは3カ国語で応対。ゴール前で観客に渡されたスイス国旗をベルギーのファンに配慮してあまり振り飾さない辺りも好感アップ。もともとおちゃめな性格で花のある選手なんですよね。

所属するSAXO BANKの使用するバイクはSPECIALIZED。
saxo
(写真はジャパンカップで来日したフォイクト)

ちなみにライバルのボーネンの所属するクイックステップも昨年まではSPECIALIZEDを使ってましたが、今年から自国の英雄の興したエディーメルクスにスイッチ。
visco
(写真はジャパンカップで来日したヴィスコンティー)

これは、SPECIALIZED側がコンタドールへの機材供給をする為にはじき出された感じでしょう。バイクの性能云々の話じゃないでしょうけど、この辺もファンなら気になる所。

昨年は、カンチェラーラが途中チェーンが切れてリタイアとなっています。この時のコンポはSRAM製。その後、チェーンはシマノにスイッチしたって噂でした。
ボーネンはSPECIALIZEDになった年(2008年だったかな)は、既存のフレームではポジションが合わずに特注のアルミバイクで実践を走り寸法を決めて、シーズン途中からカーボンバイクに変更してましたよね。その辺の相性なんかはないのかな?

来週は北の地獄「パリ~ルーベ」。昨年はボーネンがベロドロームでのスプリントを制して優勝。いつもよりスリムになってるのが気になるし、今回の敗北の記憶は簡単に消えるものではないだろうけど。優勝の行方が混沌としてきましたね。パリ~ルーベは、別府選手も出場予定。ファンとしては楽しみで仕方がありません。また眠れない週末がやってきます。


SALE!OFF!新品DVD![ロードレース] パリ~ルーベ2009(PARIS ROUBAIX 2009)!


SALE!OFF!新品DVD![ロードレース] パリ~ルーベ2008(PARIS ROUBAIX 2008)!


SALE!OFF!新品DVD![ロードレース] パリ~ルーベ2007(PARIS ROUBAIX 2007)!

あっ!サクリファイスの続編出てる!


エデン

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/4-117cae37
    この記事へのトラックバック


    最新記事