フォローフィット的な

2014年05月30日 08:00

輪工房でBIKE FITをしてもらいフィッターと一緒に走った事で、ポジションを見直す事になりました。

まずフォームについて。ポジティブな意見としては、キレイに脚は回っている事と体幹がしっかりしていると。そこからブラケット位置に違和感がある事を伝え写真のようなポジションに変更になりました。

lowstyle.jpg

ブラケットの位置が高いから辛いってことだったみたい。楽なポジションをブラケット位置にしてドロップの下を握るときはちょっとがんばるポジションに。今後、ハンドルを380mmから400mmにしいてもう少しドロップ落差のある方が良いのではないか?との事。

lowdown.jpg

たくさん入っていたカラーを全部抜きハンドルを低くしたのに全く辛くない・・・って言うか楽。まぁ、落差20mmくらいしかないんですけどね。これがちゃんとフィッティングを受けた効果なんでしょう。ブラケットの位置、ハンドルバーの角度、骨盤の角度などなど・・・理論を読みかじった部分がどんどん覆されています。

しばらく走ってみて問題がなければフォークコラムのカットをしたいと思います。しかしSTIレバーでけぇーなぁー。


デュラエースは贅沢にしても、アルテグラくらいに変えたいなー。そうなるとブレーキもフロントディレイラー、クランクも交換になるんだっけな。うーん。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/391-837a5bc1
    この記事へのトラックバック


    最新記事