オーダーバイクと手持ちの部品

2014年05月27日 08:00

シクロクロスバイクを購入しようと思ってからは会場でたくさんのバイクを注意深く拝見させて頂きました。


会場で見かけたシクロクロスバイク(メーカー編)
会場で見かけたシクロクロスバイク(ハンドメイド系編)


どのバイクもカッコ良く、どれではじめたって楽しめると思いましたよ。選択基準はたくさんあると思うのですが、映画「クランカーズ 」のMTBやシクロクロスのルーツを追体験したい衝動や自分のためのスペシャルバイクって贅沢をこの際味わってみたいなどなどの考慮しクロモリのオーダーフレームで手持ちの部品を活用してまずは参加してみる!って所に落ち着きました。自分の体に合った・・・とか、オーダー、オリジナルって言葉に弱いんですよね(苦笑)

どこにオーダーするか?
やっぱりオーダーフレームってちょっと敷居が高い。自分のためのフレームっていったって自分の事をまず理解しているのか?って言われてもね。単純に採寸をして体の大きさとシクロクロスって競技性を加味したフレームジオメトリーを決める事は出来るのでしょうが、そこからのスパイスって言うのかな?筋肉の付き方や走り方などを加えなくていいのか?って思っちゃったりね。
まぁ、一本目のフレームでそこまで望むのはムシが良過ぎる話で、やはり何本か作っていくううちに自分に合ったジオメトリーや剛性のバランスなんかがわかるのかな?



シクロクロスと言えば・・・ってくらいに有名なアメリカ製のフレームはやっぱり憧れもありますよ。ただその辺のやり取りを自分ができるとは思えない事も、それが出来ないとオーダーもマスプロも変わらない気がして。まだ扱っている代理店のショップと仲が良かったり知り合いだったら違うんでしょうけどね。そんな訳で近場の言葉も通じるところに頼みたいと思います。
この方法が正解って訳ではないのですが、こうやって決めれば例え想像と違った事になっても誰のせいにする事もなく納得ができるんですよね。

部品構成
シクロクロスバイクの部品構成を決めておかないとオーダーできないのでそれを大まかに決めておきます。さっきも書いたように手持ちの部品をなるべく活用したいと思っています・・・と、言っても部品単体で余っている訳ではなくSpecialized Tarmac Proに付いている部品の流用です。リアエンド幅130mmのチューブラーホイールは持っていないのでチューブレス(SHIMANO WH-7850SL)で。シクロクロスはタイヤ空気圧をかなり低くするらしく、クリンチャーではリム打ちパンクするので勝負にならないとか。チューブラーが一番のようですが、チューブレスもタイヤが発売され使っている方もいるようなので。SHIMANO WH-7850SLを使うとなると、ディスクブレーキではなく自動的にカンチブレーキ仕様になります。

これでロードの方のコンポグレードアップの言い訳ができるぞ(笑)

そんなこんなで、ショップの走行会に初参加して、フレームをオーダーしてきました。進捗が合ったらレポートします。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/388-435cff39
    この記事へのトラックバック


    最新記事