スモールサイズフレームのジオメトリ

2014年05月21日 08:00

Specialized S-WORKS ROAD 開発秘話でこんな質問がありました。

Q:Specializedのフレームで520サイズから下はフレームリーチが同じになるのは何故?

A:各国ぼ安全基準からそれ以上小さくするとハンドルをきった時につま先がフロントタイヤに当たるからで、Specialized社ではそんな小さいサイズなんか作る必要ないんじゃないか?といった声もあるくらいだ(笑)


・・・と話していました。確かにジオメトリーを見るとリーチやフロントセンターなどいくつかの項目が520サイズ以下は同じです。それ以上のサイズは段階的に変わっているのですが・・・これは小さいサイズ軽視?って思ってしまいますよね。ジョークかもしれませんが小さいサイズは作らなくてもいいって話もあると本当にそう言っていたんですよ。

newtarmac.jpg

先日発表された新しいTARMACシリーズではサイズごとにカーボンのレイアップスケジュールだけではなくチューブの径まで変えどんな体格の人にでもベストなライドクオリティーを提供するって宣伝しています。私を含め背の小さいロード乗りはかなり関心を持ってターマックのことについて調べたのではないでしょうか?

過去にSpecializedのロードで世界選手権も獲ったあのクラシックハンターベッティーニだってカベンディッシュだってXSサイズに乗っていました。(プロの乗るバイクはまた市販品とは違う可能性もありますけど)しかし、あのイベントでは小さいサイズについて諦めムードもあったからね・・・まぁ、でも話をしてくれた方はバリバリの開発担当じゃなかったしね。

リリースされた新型ターマックのジオメトリーはまだ公開されていないのですが、つま先とフロントタイヤ接触の件でジオメトリーをもし変えられないとしても、それ以外の所はベストなチューニングをしてライドクオリティーを提供してくれているんでしょう。

本当にジオメトリーを小さいサイズ用にもっと変えられないの?
あまりジオメトリーについて詳しくはありませんが、小さいフレームはシート角が立っていたりして安定感がないとか言われます。それが先ほど話に出たリーチやセットバックに関係してきます。
Specializedの方が言うようにつま先とフロントタイヤの接触の件が理由であるのならば、大量生産大量消費のマスプロダクトではやはり難しいのかもしれません。そのヒントが相沢康司さんのblogにありました。

【何のためのルールなのか】 
そのころには、今のような小振りなバイク(トップ520以下)で、シートが75度といった立ったポジショニングのフレームはなかったとおもう。
シートをたてる理由はただ一つ、非常識に大きすぎるクランクと前輪の接触しないためです。しかしその接触しない云々の規格は正確には、フラットペダルで乗る人に向けてのようです。

【フラットペダルなら、ぜひママチャリかクロスバイクを】
フラットペダルなら、たしかに踵で漕いだ方が踏み込めますもんね。当然、ペダルを回しながら、ハンドルをきると、つま先が当たる。だから、極端に言うと大半の小柄な方向けのバイクは、フラットペダルで乗るためのようだ。


カンパには170mmより小さいクランクはありません。足のサイズだって欧米人は大きいですよね。更にフラットペダルの件も考慮すると爪先に当たらない為には相当のフロントリーチが必要になるわけです。しかし、シマノには165mmがありますし、サードパーティーならもっと短いのもあります。身長が低ければシューズのサイズだって小さい事が多いでしょ。前述したように大量生産大量消費のマスプロダクトでは最大公約数を求める為に難しいかもしれませんが、オーダーで自分の為に作るのであればもっと理想的な自転車が作れるんだと心から納得できました。

自分の自転車ではどうか?確認してみました。ローラー用に使っているSIDIのシューズをビンディングペダルにに固定してクランクを3時の方向に。私のターマックはXS(49)サイズでクランクはシマノのアルテグラ165mm、ビンディングはTIME RXS CARBON。シューズサイズはSIDI 40(25.0cm)くらいだと思います。そこでハンドルを切ると・・・

ashihit1.jpg
ashihito2.jpg

ギリギリつま先は当たらないようになっていました。当たり前のように標準で考えられている170mmクランクにしてクリートの位置やシューズのサイズによっては危ないライン。

相沢さんが言うように長いクランクでフラットペダルでも余裕がある程ではありませんでした。
つま先接触を起こさないために、つま先すき間(トウクリアランス)が必要となる。「JIS D9301 一般用自転車 」によれば、つま先すき間は89mm以上でなければならない。 ただし、結合ペダルには適用しない。これはJIS規格なので米国や欧州の規格ではもっと厳格なルールがあるのかもしれませんね。UCIルールでもヨーロッパ標準規格 EN 14781ペダル中心からタイヤまで89mmを守るようにと書いてありますがクランクの長さはどうするか不明なので長めの物で想定しておくのがマスプロメーカーの限界なのかな?この辺は想像の部分も多分にあるので詳しい人いたら教えて下さい。

理由はどうであれ、各メーカーのジオメトリー表を見たりすると小さいサイズは特に難しい事情がある事が感じられます。誰もがUCIルールを必要としている訳ではありませんしね。
理想が自分ではわからないので数値まで決める事は出来ませんが、経験のあるビルダーの方と対話をすればそれらを加味した背の小さい人専用のジオメトリーフレームが手に入るかもしれません。ちなみに私のターマックはさっきも書いたようにXSでシートチューブアングルは75.5°です。サドルは目一杯後ろに引いてポジションは出ているとバイクフィットで言われていますし不満もありません。それは正解を知らないからなのか?って思いがずっとあるんですよ。あのマサ理論ではフロントセンター足りないジオメトリーみたいですし。ですから欧米人の体格をモノサシに作られたフレームではなく、自分に最適なフレームとパーツってやっぱり興味があるんですよね。









人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/383-69b1dbc3
    この記事へのトラックバック


    最新記事