やっぱり欲しいな「高性能ホイール」3 完結編

2010年04月22日 23:24

サイクルモードで気になるホイールをチェックし、代理店の人に流通在庫や来年度モデルの発売日などを聞き、調べれば調べるほど悩みは深まるホイール選び。

ホイールそれぞれの特性やコストとのバランスにデザインの要素だけでも大変なのに、モデルチェンジのタイミングによって「いつ入手できるか?」すなわち「いつまで待てんのよ?」って所も問題になってくる。

もう夢にまで出てくる始末に・・・。(苦笑)さすがに決断をしました。

da7850-1.jpg
SHIMANO WH-7850-SL スカンジウム・ロードチューブレスホイール

結局、無難な選択でした。一番の要因は、近所の自転車屋さんに在庫があり店長が薦めてくれたから。それと、チューブレスに対する好奇心。すぐに手に入るならWH-7850-C24-TL DURA-ACE も興味ありましたが、そんな事言ってたらいつまでもホイール買えなそうだし。それにカーボンとアルミのコンポジットは重量面では魅力的なんだけど、単一素材の方がイメージ的に丈夫なんじゃないか?とかね。まぁ、自分の納得させるために(笑)いろいろ考えた訳です。

hu01.jpg

で、タイヤはもちろんユッチンソン チューブレス ヒュージョン2。(当時は唯一のチューブレスタイヤでした)旧価格の在庫品があったからラッキーだったけど、最近のタイヤの値上げは凄いですね。

家に帰ってきて早速タイヤを装着。お店で「最初はタイヤが梱包時のクセがついてるし手動ポンプだとビードが入らないかもよ」と言われてました。でも、ここで頼んじゃうとあとでパンクした時に困っちゃうからとにかくTRY。
説明書にはタイヤレバーを使うな!なんて書いてありますが、しっかりとチューブレス用 タイヤレバーなんか出てます。不思議。私も手で入れようとがんばりましたが最後の最後がはまらず、タイヤレバー使っちゃいました。
で、空気を入れます。PISTAのシリンダーやホースが触ると暖かくなるくらい必死でポンピング!!!なんとか一本はビードがはまりましたが一本はダメ・・・。自転車屋さんでコンプレッサー使ってやってもらいましたよ。米式と仏式の変換アダプターがあれば家出も出来るんだが・・・。今度探してみよっと。

で、装着です!

da7850-3.jpg

うわー、地味。カッコヨサ(床の間性能)は全くアップしてない・・・。今までのタイヤが赤かったので、余計地味に見える・・・。

まぁ、このホイール選んだ時点でそこは期待してなかったからいいんだけど・・・。でも、このシリーズのホイールで気に入ってる所もあるんですよ。

da7850-2.jpg

それが、このハブの質感。カンパやフルクラムもなんだか梨地で地味だったし、キシリウムのステッカーでごまかす感じもちょっと・・・って思ってた。やっぱり実物も素敵です。

生憎の空模様で明日は走れなそうだけど、晴れそうな日に早起きして走ってこよう!

- - - - - - - - - - - - - - - - - 

今は軽量タイプのチューブレスタイヤ(ユッチンソン アトム チューブレス 700×23)や他のメーカー(IRC ロード用チューブレスタイヤタイヤ)からも発売されています。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す






関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/38-3e7034d6
    この記事へのトラックバック


    最新記事