ハンドルの幅を狭く

2014年04月23日 08:00

BIKE FIT後の実走で気になっていたハンドルバーの幅広問題。新しいハンドルを購入するような雰囲気を醸し出しながら結局はBONTRAGER FIT OS VR ROAD(Wide:380mm)に戻しました。

bont01.jpg

でもあれはドロップを握った時に手首がハンドル上面カーブの部分に当たる感じがあってダメだったので他に何か探そうかと。


なんて言っておりましたが、セッティングでどうにかなるんじゃないかと思いましてね。

heikouber.jpg

基本通りドロップハンドルの下部分を地面と並行にセットすれば手首が上部に当たる事はないんじゃないかと。無理なポジションで乗っていた(ハンドルをしゃくっていた)からだったかもしれません。
BIKE FITで今後ステムを短くして、ハンドルを下げるって提案もショートリーチハンドルによってステムは交換せずにハンドルを下げられそうです。幅も狭くなってるからその分の距離も縮まってるしね。ただ一度に変更をたくさんすると混乱するので今回はハンドル交換だけにしておきます。

bint03.jpg

前回は重量測定していなかったみたい。今回は忘れずに。幅が狭くなってることもあって40gの軽量化達成です。それが目的じゃないけどやっぱり嬉しいよね。ちなみにメーカー名は黒いスプレーで塗りつぶして見えないようにしました。

bont02.jpg

買い置きしてあったSILVAのコルクバーテープを巻いて完成。普通の丸パイプハンドルがやっぱりいいな。3Tのハンドルはトップが翼断面で、更に厚めのSpecializedバーテープも相まって馴染めませんでした。

部屋の中でちょっと股がってみた感じでは収まりは良い。ロングライドか、それともそろそろ山に登る訓練をするべきか・・・どっちみちちょっと乗り込んでみたいと思います。


買い置きのバーテープがなくなったので補充しておかないと。いつ使うか分からないので自転車屋さんに行ったついでになんとなく購入してるんですよね。今度は薄手タイプにしてみよう。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

翌日にちょっと3本ローラーで乗ってみたんですけど、ハンドルトップがフラットになっているハンドルなんていらない!なんて言っておきながら・・・あれって疲れなくて良かったんだなと実感。でもそれ以外は問題なさそう。体幹をより使えるポジションになっている気も。下ハンがとにかく持ちやすい。後はロングライドやってみてだな・・・。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/368-70491dac
    この記事へのトラックバック


    最新記事