オリジナル洗車スタンドを作ろう

2014年04月08日 21:00

前回記事にしたように満開の桜のもとサイクリングを楽しんだんですよ。嬉しくなっちゃって公園の桜並木の下を自転車で走ったりね。



そしたらですね、桜の花びらと土でタイヤとブレーキ周り、ペダルは泥だらけに。天気も良いので久しぶりに洗車をしました。



そこで活躍するのがこのお手製スタンドです。MINOURA RS-1600アストロプロダクト製バイシクルメンテナンスプロスタンドも持っているんですけど、この自家製スタンドの洗車における使い勝手は侮れないんですよ!



洗車するのに高圧洗浄機を使うなら水圧に負けないように自転車をしっかりと固定する必要があると思いますが、ホースでバシャバシャ洗うくらいなら前後タイヤを外せて、フレームはぶら下げておけるくらいで十分。



この廃材と壁掛け用のアームでDIYしたスタンドは前にも紹介しましたが、その使い勝手の良さに改めて紹介したくなりました。



使わなくなった壁掛け用ディスプレイフックと廃材として余っていた2X4材を現場で適当に組み合わせながら木ビスで止めました。このスタンドの利点はただ引っ掛けるだけでいい簡単セッティング。それと、これは私の使用環境によるのですが、常にデッキの片隅、もしくはガレージの片隅に置いてあるのですぐに引っ張り出せる事。ミノウラ RS-1600 ワークスタンドは自宅部屋内整備用なので濡らしたり汚したりするとあとで厄介なので。

たまたま私はディプレイスタンドがあったので、それを利用しましたが木材だけでも作れますよね。



特にこの手のサドルを引っ掛けるだけならもっと簡単な工作でいけるかもしれませんよ。専用品は軽量だったり、折りたためたりざまざま工夫が素晴らしいものもありますが、自分に最適なものは自分しかわかりません。そんなのをDIYするのも楽しいですよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/359-23f7a1c5
    この記事へのトラックバック


    最新記事