フレームの方は整備完了

2014年03月09日 23:24

前回、各パーツを取付けたら進んでいる感じがしてホッとした話で終わりました。



で、今回はいきなりこんな感じです。チェーンとワイヤーが付いてます。忙しい事もあり全部抱え込むとなかなか進まない状況に陥るのは目に見えていたので、ホイールのグリスアップや振れ取りなども含めてプロの力を借りてしまいました。

tube07.jpg

ネットで調べてなんとなく作業を進める事はもちろんできるんですけどね。全部自分でいじるのが目的な訳ではなく、楽しく自転車で遊ぶ事が目的なのでこれでいいんです。自転車屋さんに頼む事でいろいろ話を聞ける事もメリットだったり。

tube08.jpg

ショップに出したおかげで当時、このフレームに関わった方の話を間接的に聞く事ができ増した。この3RENSHOのフレームはアルミ。まだ技術が確立していない頃の接着式のアルミフレームです。詳しいニュアンスはわかりませんが「気をつけて乗って下さい・・・」との事。ヘッド周りの剛性等怪しいところがあるので無理しないで乗って欲しいとのアドバイスを頂きました。元々、街乗り用で組んでいますが、具合が良かったら長旅のお供にしようかとも考えていたのですが・・・ちょっと止めた方がいいのかな。とにかくどんなフィーリングなのか楽しみです。

前回挙げた懸案事項の中から・・・

1.チューブラーリムのホイール
2.錆び付いたリアカセット
3.表面加工を落としたシートポスト
4.表皮のなくなったサドル

1番のチューブラーリムの付いたホイールから潰していきたいと思います。

あ、ちなみにお願いしたのはSpecialized Tarmac PROや家族のバイクもお世話になっている輪工房さんです。blogには3RENSHOの整備の様子もあがってました

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/347-dba197af
    この記事へのトラックバック


    最新記事