Fi'zi:k CYRANO CARBON

2013年08月23日 17:53

はい。衝動買いです。いや、ずっと狙っていたものだし、完全にそうとは言えないけどね。

DSC_0016

純正シートポストをそろそろ・・・と2011年の時点で考え出し、本格的にシートポスト選びに入りました。結局、お試しって事でディズナの1ボルトタイプに交換しました。結局は調整方法のクセと見た目のポップな感じが気に入らずに妻のGIANT OCR3の軽量化に一役買ってもらう事になりました。

DSC_0014

改めて純正のシートポストを見てみましょう。2006年SPECIALIZED TARMAC PRO純正シートポストです。抑揚のあるフレームデザインに合わせたエモーショナルなカタチをしています。目玉は振動吸収を司るゼルツがインサートされている事。まぁ、個人的にはずっと気に入らない部品だった訳ですが・・・。

DSC_0022

今回選んだフィジークのシラノ・カーボンはいたってシンプル。シンプルでありながらサドルメーカーとしてのコダワリが盛り込まれています。「サドルに一番身近な製品」と満を持して発表されました。確かにステムとハンドルは同じメーカーがよい理論を考えれば理にかなっています。もちろん同社のカーボンレール(楕円)もしっかりと優しく固定します。ヤグラの部分もロープロファイルで工夫された2ボルト式は調整もしやすそう。グラフィックも抑えめな所が好感が持てます。品質の良さが高級感を演出していると思います。

DSC_0017

アルミが発売され、カーボンがその後にリリースされたのですが重さはたいして変わりません。私もシートポストマウントのキャリアを取付ける事もありアルミ製を購入予定でしたが、そんな事すっかり忘れてカーボンをポチってました・・・(汗)まぁ、かっこいいからいいか。

DSC_0019

購入したのはφ27.2mmx330mm。長さは270mmで十分でしたが、安い所で在庫がなく、どうせ後でカットしてもいいかな?と330mmを購入。重さは205gでした。TARMAC純正は239gでしたからちょっと軽量化されましたね。このシートポストは品質もよく調整もしやすく人気なのですが、それと引き換えにヤグラ(サドル取付け部分)が重たいので軽量化が目的ならお勧めできません。薄くて形状はいいんですけどね。

ターマックのシートポスト固定部分は上部が平面ではないのでダストカバーは取付けません。でも、:kの部分だけ色を微妙に変えるとか渋いセンスで好きです。

DSCN1653

取付けた状態はこんな感じ。「Fi'zi:k」ロゴがなんとか隠れずに済んだ事に一安心。控えめなロゴデザインだから隠れても気にならないと思いますけどね。ただ、このロゴの下辺りからポスト高さの目安となる目盛りが始まります。よってフレームからサドルのレールまで150mmくらい出るような人じゃない目盛りが有効に使えません。私は目盛りの一番上ギリギリでした(苦笑)

DSCN1658

日を改めてサドル位置を乗って合わせるのですが、ヤグラ前側ボルトは手で回せるようにダイヤル状になっているので、これからのポジション出しも楽そうです。明日は晴れるかな?試走が楽しみです。

1年半ほど使ってみてのレビューはコチラ





DSCN1650

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/299-d1d81cb0
    この記事へのトラックバック


    最新記事