輪行バックレビュー(オーストリッチL-100)

2012年05月16日 08:00

佐渡ロングライドで輪行バッグが必要になり購入しました。その時の顛末は輪行袋を真剣に悩んでみる参照して下さい。

オーストリッチ「L-100」
ost01.jpg

購入したのは老舗オーストリッチのL100とエンド金具とりあえずこれがあれば輪行が可能って感じの最低限のチョイスです。

輪行袋の使い方については、オーストリッチのオフィシャルサイトでも動画で解説がありますし、ネットを検索すればユーザーのblogがヒットします。私もそれらを見て概ね要領を理解して作業を始めました。

【作業編】
作業は簡単に書くと・・・
1.自転車のホイールを前後外す
ost02.jpg

2.エンド金具を取り付ける
ost03.jpg

3.輪行バッグを広げイラストの指示通り、エンド金具とサドル後端を支点にして立たせる
ost04.jpg

4.ホイールでフレームを挟んでベルトで固定する
ost05.jpg

5.肩掛けのストラップをヘッドチューブとチェーンステーに取り付ける
ost06.jpg

6.バッグの口を閉める

POINT:「いかにホイールとフレームをがっちり固定できるか!」
運んでいる途中でホイールやフレームが動いてしまうと傷の原因になりますし、最悪の場合はスポークが折れる等の致命的なダメージを負いかねません。しっかりと固定する事を心がけました。フレームと接触する部分には軍手を挟んで保護。チェーンやカセットなどの油が付いている部分はそのままだと袋の内部を汚し、それがフレームや手を汚す原因になるのでカバーした方が良さそうです。オプションのチェーンカバー・・・あった方がいいかも。

ost07.jpg

ドロップハンドルの大きさやホイールの形状、フレームサイズなど、それぞれ条件が違うので自分でベストを探るしかありません。

私も1回目はグダグダ。歩いている途中でホイールがずれてガチャガチャしてきました・・・。「自転車は道具。多少の傷はしょうがないぜ。」っていい聞かせましたよ(苦笑)エンド金具がくるっと回っててディレイラーに荷重がかかっていたのを見た時はちょっと焦りました(汗)帰りの2回目は大分慣れてかなり良い所まで行きましたよ。

【移動編】
家から駅までは自家用車で、そこから電車を乗り継いで宇都宮まで行って世界選手権やジャパンカップでお馴染みの周回コースを走る事にしました。同じ駅を利用するので荷物は駅のロッカーに預けます。

ost08.jpg

電車では車椅子用のスペースや一番前や後ろに乗る事にしました。また特急がある場合は積極的に選んで連結部に載せる事によりなるべく迷惑が掛からないように配慮したつもりです。帰りに快速がちょうどあったので載せようと思ったのですが、すでに輪行の先客が多くいて諦めました。時間に余裕を持って混雑していたら見送るくらいの余裕が必要ですね。
埼玉から下りの電車だったので混雑もなく快適な輪行を楽しめました。でも、ホームの移動はちょっと大変ですね・・・。

同行した妻を配慮して駅の縦移動はエレベーターやエスカレーターを使用しました。エレベーターは大きくないのでお年寄りや体の不自由な方を優先して後から乗るようにと思いましたが、普通のおじさん(と思われる)方等が階段の所まで歩くのが面倒だから・・・程度の理由で利用しているように感じました。お年寄りやベビーカーを押したママさんは次になっちゃってるんですね。なんだかなぁー。輪行をする場合はどうしても目立つのでいつもよりも余計に配慮した方がいいと思いました。

ost09.jpg

感想
輪行は面白い!電車に自転車を載せる。それだけでなんだかワクワクしました。乗った事がなかった特急を利用するのも旅気分で盛り上がりましたし。経験する事でもっと快適に輪行を楽しめる気がします。電車ではご年配の女性に話しかけてもらって、そんな事も旅のアクセントになって楽しかったです。

しかし、やはりいろんな意味で余裕が必要ですね。電車を見過ごす時間の余裕。エレベーターや座席を見送る余裕。普段の生活から持ち合わせたい普通の事ですが、輪行袋を持った目立つ私達には余計に必要な事かもしれません。

ost10.jpg

オーストリッチのこの輪行袋は定番の万人にお勧めできる商品だと思います。最低限の性能を確保した商品なので自転車の保護や運びやすさなどを求めるのはお門違いってもんです。
ただ、この色とか見た目の品質感はどうにかならないかな。電車に乗せている姿も美しくありません。「ゴミ袋みたい・・・」と妻も言っていました。メーカーさん!再考の余地オオアリですよ。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/220-f9a523cb
    この記事へのトラックバック


    最新記事