気分は山岳王

2010年04月19日 15:45

近所にCRがある事で平地での単独走行はそれなりに訓練されてきている感がある。あくまでも当社比だけどね。でもやっぱり憧れはヒルクライマー。中学生の頃に峠を登った時の達成感が自分の自転車に対する感情を決定付けたと言っても過言ではありません。
しかし!ココは関東平野。なかなか峠はありません。なら、峠までクルマで行こうじゃないかと休みを利用して筑波山まで行ってきました。

ルートはALPSLAB routeを参考に決める。筑波山で検索するといろんなコースが出て来る。自転車を再開してから初の峠となるので距離の短めのこのコースをチョイス。



コースプロフィールを見てもいまいちピンと来ない。毎日追っかけ観戦しているツール・ド・フランスに比べれば皆可愛く見えるからかな。(笑)さぁ、どうなることやら。

当日の天気は曇り。毎日、猛暑日を記録する異常気象であったが今日は涼しい。しかし熱射病になりかけた反省から水や補給はしっかりと用意した。いいぞ!と興奮していましたが現地は生憎の雨模様・・・。この高ぶった気持ちをどうする事も出来ず、とりあえずコースをクルマで下見する。

106and.jpg

雨で諦めてましたが、みなさん結構走ってらっしゃる。やはりいくしかないか!?コースを下見している間に雨は上がった。これはいくしかない!体育館の駐車場で自転車を用意する。山の上はまだ霧がかかってるし雨っぽい。それにこの時間からでは明るいうちに完走出来そうにないので不動峠だけでも走る事にした。不動峠は4キロないくらいの峠道。峠に入って思ったより登れない自分がいた。

インナーローは保険で残しておこうと思ったが真ん中くらいで使ってしまった。ペダルは回すと言うよりはめっちゃくちゃ踏む感じになってしまう。引き足を意識しすぎてギコチない感じにもなったりね。心拍は160くらいしか上がっていないがとにかく足の筋力が足りていない感じ。峠も終盤に『斜度10パーセント」の表示が・・・.運の悪い事にクルマが後ろから迫る。ただでさえ斜度があるのにクルマをよける為に緩やかな左カーブの左端に追いやられる。足もパンパンだし、インコースは斜度があるし、コケでリアタイヤはトラクションが抜けてスリップするし、かなりヤバかったがなんとか足を着かずに峠を制覇。気分は山岳王だ。

メーター

しかし、走ろうと思ってたコースの序盤の峠でこれだけ疲労困憊になるとは驚きだ。気持ちはラスムッセンかピエポリだったのだが・・・現実はそう甘くない。LSDだけではやはり限界があり負荷を加えたインターバルトレが必要なんだろうか。

筑波山から家までは約60キロ。往復で120キロ+このコースが40キロ。クルマを使わず自転車のみで走れるようになりたいな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ



楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/21-06a6d9a5
    この記事へのトラックバック


    最新記事