DIXNA 1-Bolt シートピラー購入と取り付け

2012年03月18日 00:53

シートポスト買いました!3つの候補を挙げましたが結局はディズナのワンボルトです。

ショップを数件見て回りましたが実物を見ることができませんでした。まぁ、質感が納得いかなかったらGTやGIANTの方に使えばいいかな?と思い通販で購入です。ノーマルカラーはメーカー在庫なしとの事で塗装がキレイらしいちょっと高めのクリアカラーバージョンになってしまいましたが・・・。

dixna01.jpg
ロゴの上にしっかりと分厚いクリアーが吹いてあってキレイですよ

さぁ、取り付ける前に重量測定です。カタログ公称値は204g。

dixna03.jpg
ディスナ・1ボルトシートポスト 207g

207gですから、公称値から+3g。許容範囲でしょう。ついでにターマック純正のエアロなカーボンシートピラーは239g。

tarmac_genu.jpg
スペシャライズド純正ゼルツ入りカーボンシートポスト 239g

結構軽いんだな。軽量化が主な目的ではありませんがこのままではあんまり変わらない・・・。そんな訳で使ってみて使い心地に問題がなければ余分な長さをカットして200gアンダーに持っていきたい所。

dixna04.jpg

取り付ける前に細部を確認してみましょう。パイプの内側はこんな感じになっています。THOMSON(トムソン)シートポストのように楕円状になっていますね。力が加わるの方向には厚く。力があまりかからない方向は軽量化のために薄くしてあります。この値段でよく作り込んでいますよね。

dixna05.jpg

心配だったのは1ボルトのシステム。左右に貫くこの一本のボルトでシートの前後と傾きを調整しながら固定もします。サドルを仮固定している段階で、その不安がだんだんと大きくなっていきました・・・(汗)

dixna06.jpg

サドルを取り付けるとこんな感じです。確かに1本のボルトで全てのアジャストが可能です。ただし、前後だけ調整しようと1本のボルトを緩めるとピンクの方向にヤグラがスライドしてしまい角度も変わってしまうんですね・・・やっぱりそうか・・・。

要は調整は簡単だけど、例えば角度はこのままでサドルを3mm前に出そうと思っても、一緒に角度も変わってしまう可能性が高いってことなんですよ。うーん、そんなに神経質な方じゃないので実用上問題ないと言えばそうなんですけど、mm単位で微調整を繰り返す感性のある人は避けた方がいいかもしれません。

dixna07.jpg

ヤグラ部分の微調整については、メジャーを使ったり水平器を使えばできるけど、出先で走りながら違和感を感じたら調整・・・ってのがちょっと厳しいかな。今よりちょっと前に・・・ってやろうと思っても"その今"がずれてわからなくなってしまいいそうだから。

あと、やっぱりブランドロゴマークは不要だな。これは趣味の問題だし、わかってて購入したからので我慢できるがシートピラーに目盛りがないのは不便じゃないのかな?ブランドロゴもいいけどクールな目盛りがあまり主張せずに付いてたら嬉しいのに。

自転車って微調整をしながら体に合わせていく事ができるのに、目盛りが印刷されてなかったり、基準マークがなかったり、あまりにも不親切な気がしてなりません。それをいかにもじゃなく、実現するのもデザインの力なのに。

文句ばっかりになっちゃったけど、とりあえず使ってみます。問題なければさっきも書いたように余分な長さをカットしてみようと思います。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/199-7938e8ff
    この記事へのトラックバック


    最新記事