シートポスト選び

2012年02月29日 23:02

随分と前にシートポスト交換したい!ってな記事を書いていました。一向に進んでいないのはイマイチ欲しいシートポストが見当たらないから。サイクルモードで確認した3Tのシートポストでハンドル、ステムとの統一感を狙う方向かな?とも思ったのですがヤグラの部分とか安っぽくてこう、物欲を掻き立てないんですよね。別に交換しなくても走る訳ですから、限りある資金使い道の優先順位はどんどん下げられていた訳です。でも、これからのシーズンインに向けてやっぱり何か交換したくてね。それで「あ、シートポスト」って思い出しました。

求めるシートポストの条件
1.強度
パイプ部分はキャリアをクランプしても大丈夫な強度が必要です。

2.形状
セットバックできる事。意匠に関してはエアロ形状とかいりません。フレームがマッシブなので(今のトレンドからすればおとなしいけどね)シートポストはシンプルに。色は黒。

3.汎用性
ヤグラはカーボンレールのサドルにしても問題ない汎用性の高いもの。

4.価格
1万円前後で。あんなパイプそんなもんでしょ?

5.軽量
軽かったら嬉しいな。

こんな所かな。無数にシートポストがランナップされる中でなかなかお眼鏡にかなうものがなかなかありません。カーボンで付加価値を付けて儲けようって感じのする製品ばっかり。あ、個人的見解ですよ。

で、候補はこれだ・・・

1.ディズナ 1ボルトシートピラー
dixna_1bolt.jpg

ハンドル等に使われる2014アルミ製で重量も204gと軽量(φ27.2 L:300)。ちょっとカットしてやれば200g切れそうです。ショップを回ったのですが売っておらず、現物を確認できていませんが、質感は期待するのは酷ですよね。もう1つ心配な1ボルトの固定力や使い勝手ですが、自転車屋さんのブログではシクロクロスの飛び乗りしても問題ないと言われているので機能は大丈夫なのかな。

2.トムソン エリート
thomson_master.jpg

MTB乗りには有名なアメリカの航空機関連の部品製作を生業としているメーカー。削り出し部品の精度は高く定評がありますよね。削り出しのヤグラの下側部分とか溜め息ものです。7000番台のアルミですからディズナよりも硬いのかな。まぁ、パイプの厚みだとか製品になってからじゃないと評価はできないでしょうけど。丸パイプの断面はオーバル状になっていて、強度を保ちながら軽量化の為に薄くする努力をしています。あ、これはディズナもやってあるみたいなんですけどね。マスターピースであればかなり軽量化できるようですが、エリートの場合だとディズナと同じくらいなのかな。ネットを見た限りではランナップが多過ぎて欲しいサイズの重量が分りませんでした。
問題はセットバックタイプの形状がエキセントリックである事。パイプ上部が後方にずれているのではなく、パイプの途中がカクッと折れ曲がるデザインなんですよ・・・これは美しくないな。

3.フィジーク シラノ
fiz_cy.jpg

サドルでもお世話になっているフィジークのシートピラー。「サドルに一番身近な製品」と満を持して発表されました。確かにステムとハンドルは同じメーカーがよい理論を考えれば理にかなっています。もちろん同社のカーボンレール(楕円)もしっかりと優しく固定します。
アルミ製に続きカーボン製もラインナップされましたが重量はアルミの方が軽いんですよ。アルミでなんと180g!(φ27.2 L:270)ヤグラの部分もロープロファイルで工夫された2ボルト式は調整もしやすそう。グラフィックも抑えめな所が好感が持てます。

値段なら圧倒的にディズナ。「ブランド名?あんなのただの飾りです。偉い人にはそれがわからんのです」とか言いたいでしょ?(笑)



削り出しの質感はメカ好きならドキドキしちゃう所。フォードの部品も創ってるトムソン・・・勝手にGT40とかの部品を削り出している所を想像してます。


普通に考えたらフィジークですね。それなりに軽量で評価も高いし、サドルもフィジークですから統一感もでる。カーボンもあるのに積極的にアルミを選ぶって所も良いじゃないですか。


だいたい整理できました。恐らくこの中から選ぶんじゃないかな。しかし、上野の有名自転車店いくつか言ったのにトムソンしか見れなかったんだよな・・・。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/193-0dba9975
    この記事へのトラックバック


    最新記事