女性用サドル選び

2012年02月27日 22:46

当初から「お尻が痛い!」とクレームの入っていたGIANT OCR3。妻の乗り方の問題だろう(ペダルを踏んでいない)とも思っていたのですが、とりあえずVELO gel入りサドルに交換して様子を見てもらっていました。

giant_vero.jpg

先日、タイヤ交換後に購入した輪工房までポタリング。往復で20キロくらいだと思うのですが、やはりお尻が痛くて次の日辛いとの事・・・。乗り方云々もあるんだろうけど、まずは快適性の高いサドルを使わないと、佐渡ロングライドに向けて練習も苦痛になるだろうからとサドル交換をしましょう。

女性用サドルって何だろ?
巷には女性用サドルなんてものが売られています。自分には関係ないのであまりよく知らなかったのですが、ちょっと解説を読んでみて「なるほど」と思いました。要は女性は出産をすることもあって一般的に男性よりも骨盤が広い。よって、幅の広めのサドルじゃないとデリケートゾーンを圧迫してしまうよ!って事なんですね。

そう考えたらスペシャライズドもボントレガーも骨盤の広さを計測してサドルを決めていた事を思い出しネットでチェック。段ボールを使って量ってみました。そしたら一目瞭然。私よりも妻の方が骨盤が広く、それでいて私よりも着座位置の幅が狭いサドルを使っているのですから痛いに決まっています。

ショップで計測
別件で出掛けたついでにTREKのショップがあったのでそこに立ち寄り専用の計測器(サドルサイザー)で坐骨間隔を量ってもらいました。すると女性用のMサイズが適合との事。

そこで選んだのはinform ネビュラプラス WSD。カテゴリー的にはクロスバイク等のアップライトポジション用のサドルになるようですが、とにかく一番お尻に優しいモノを使って、ペダリングに邪魔だとか問題が出れば軽量なロード用に交換しようって魂胆です。

wide_sadole.jpg
左:VERO 右:inform ネビュラプラス WSD

このサドルの一番のポイントはFlexForm。幅の広さをカバーするようにペダリングの動きに応じてサドルが左右に傾斜します。このシステムのおかげで重量はかなりあるのですが、プロレーサーもサドルは快適性を優先するそうですから迷いはありません。

flex.jpg
レールとサドルベースはフレックスフォームを介して接続されています

しかも、これだけのシステムが付いてるのに定価4300円ですよ。軽くなれば1万円以上はしますからね。作りもしっかりしてるし安いなぁー。それでいて購入したバイクプラスさんでは30日満足保証対象商品で満足できなければ交換や返金に応じてくれるとの事。いやはや、凄いサービスですね。サドル選びにはうってつけのサービスでしょう。

sadole_w.jpg

いい買い物だったと結論付けるのは「これでお尻痛くなくなった!」と言ってもらえてからですけどね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/192-0ac3d412
    この記事へのトラックバック


    最新記事