チューブレス絶不調

2023年12月07日 16:59

シクロクロスの件もそうですが、最近チューブレスタイヤのエア漏れが酷い。ビードも上がりしばらくは保持されるんだけど、少し期間が経つとタイヤがぺっちゃんこになってる事が多々ある。チューブレスは2008年くらいから使ってるしWOのホイールをチューブレス化したりと苦手意識はなかったんだけど。

IMG_8393.jpg

想像するにシーラントが足りない、もしくは乾いているんだろうとは思うので追加したいところだが、手持ちのシーラント(STANS RACE SEALANT)がバルブから注入するのが困難なタイプ。バルブコアを抜いてシリンジで入れるも、入ったんだか入ってないのかよくわからない状況。結局ビードを片側だけ落として入れる事になる。

バイクロアで乗る予定のライジン。こいつもタイヤがぺっちゃんこになっていて放置してありました。イベントが翌日に迫る中、重い腰を上げて作業開始。

IMG_1552.jpeg

やっぱりシーラントは乾き切っていました。まずはタイヤの内側に残った古いシーラントを清掃します。バルブコアから注入しやすいシーラントを購入しましたが、まだ届いていないのでとりあえずチューブを入れて走ります。

IMG_1553.jpeg

メリットはあるけど、扱いがやや面倒で液体に頼るというちょっと不確実性があるチューブレス。今の使い方だとシクロクロス以外はチューブドでいい気もするんですよね。出先でパンクした時にあの液体まみれのタイヤを触ることを想像するのも気が重い。軽量チューブも一般化しつつありそのあたりも含めて検討しようと思います。




関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1871-9841d828
    この記事へのトラックバック