コストダウンの代償

2012年02月20日 08:00

ガーターボールで出かけた日の事。用事を済ませ、さて帰るかと自転車に戻るとリアタイヤのパンク・・・。パンク修理できる準備をしていなかったのでその日は違う手段で帰宅。後日自宅でパンク修理をしました。

パンクはチューブの内側の亀裂によるものでした。要は走行中に何かを拾って損傷したとか、リム打ちが原因ではありません。ホイール外して中をのぞいてみたらパンクの原因はリムフラップでした・・・

rimflap.jpg

写真でわかるようにリムフラップがもう切れてしまっていました。このリムフラップ自体が非常に薄い柔らかいゴムのため、空気圧の上がったチューブがリムの穴の方へ膨らもうとしてエッジで切れてパンクしてしまったようです。ここ以外の部分は、リムの幅に対して幅の狭いリムテープだからかセンターからずれて付いています。

これは、リムフラップを前後交換しないとダメですね。安い完成車は見えない部分でコストダウンをするのは常識ですが、流石にこれは酷いなぁー。コストダウンしてもいいけど最低限の働きを有していないと。

予備のチューブは家にあったのですが、リムテープまではなし。出先でパンクも面倒なので前後ともニューチューブとニューリムフラップに交換しました。

rimflap2.jpg

これで一安心。タイヤも言わずもがな。そのうち交換しよっと。とりあえずOCR3から外したミシュランって書いてあるタイヤの方がマシかな?



オススメはシュワルベ。ハイプレッシャーに耐えられて更にリムに入れやすいです。その他、パナソニックポリライトもいいですね。シマノはあまり伸びない材質でとても入れにくく苦手です。買う時は700Cなどのインチサイズの他にリムの内幅も種類があるので確認しましょう。

☆特価!NEW ミシュラン MICHELIN PRO4 SC サービスクルス Service Course ブラック 700x23C/即納!
安い!GIANT用に水色を買いました!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/187-10720fce
    この記事へのトラックバック


    最新記事