スポーツクラブでのRPMトレーニング

2022年01月19日 12:03

コロナ禍で内向きになっているマインドをどうにかしたいと考えていたこの頃。脚の負傷もあるし、ずっと取り組みたかった水泳を始めてみようとスポーツクラブの門を叩きました。スイミング以外はあまり考えていませんでしたが、まず初心者向けに4回のプログラムに取り組みます。ジムの基本的な利用方法をチュートリアル形式で体験する内容なのですが、そこにオンラインレッスンがありました。いろいろなメニューがあるのですが、その中からRPMトレーニングを選択。
stages-sc1_rpm.jpg
STAGESのマシンに乗ってプロジェクターに映し出されるトレーナーと一緒にトレーニングを行います。まずバイクのセッティング。サドルの水平が出ていないのが気持ち悪かったのですが、ここだけは工具がないと調整できません。全てのマシンで水平出てませんでしたね(苦笑)

フロントフォークっぽい部分の頂点についているノブでマグネット式の負荷を調整しながらトレーニングを行います。トレーナーが「レーシングレジスタンス!」とか合図をするのですが、それが一体どれくらいの負荷に合わせたらいいのかわかりません。普段Zwiftでやっているパワーやケイデンス数値に合わせてトレーニングするのに慣れているので、ちょっと戸惑いました。あまり難しいことを考えず、流れている音楽のリズムに合わせてやや辛いくらいの負荷に合わせてやってみます。

半袖でも寒くない温度に設定された館内で工業用扇風機もないので汗がダラダラと流れます。クッションが巻いてあるハンドルがしっとりとしてきてちょっと気持ち悪かったな。自宅でZwift環境を持っている人がわざわざやるプログラムではないことは確認できましたが、大勢で気持ちよく汗を流すには効果的かもしれませんね。







ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1767-6cf5942a
    この記事へのトラックバック


    最新記事