OGK Kabuto 301D 矯正レンズ製作依頼

2019年11月12日 20:00

購入編のつづきです。

以前紹介したスミスのODSアダプターを眼鏡店に持ち込み度入りレンズを製作した場合の見積もりをしてもらった事がありました。今回はOGK Kabuto 301Dを持ち込んで実際に製作してもらいます。

DSC_0004.jpg

今回お願いしたのはメガネハットさん。普段使っているメガネとスポーツサングラス(OAKLEY SPLIT JACKET)を持ち込んで、現在の度入りレンズがどれくらいのスペックなのか調べてもらいました。そのデータを参考にしながら、実際に検眼をします。矯正メガネを使っている人ならお馴染みですね。

【検眼について】
検眼では測定機器の性能よりも、検眼してくれる人とどれだけコミュニケーションできるかが大切。単純に普段の生活に使うのか、本を読みたいのか、車の運転をするのか、スポーツ用なのか・・・用途、目的を明確にしてその状況を理解してもらうのが大事。その点において、まずはスポーツサングラス専門店は経験豊かで安心してお願いできると思います。私もこれまで3本の度入りサングラスは専門店で検眼から製作までお願いしました。私のようにそもそもメガネでは矯正しきれない円錐角膜による強乱視の場合、ある部分で妥協して、どの見え方を重要視するかを自分で決める必要があります。3本作って自分の中で基準ができたので一般眼鏡店でも大丈夫であろうと判断しました。

SPLIT JACKETは8カーブレンズで乱視矯正はかなり難しく(歪みが出やすい)、矯正しても0.1~0.2くらいしか見えていませんでした。今回は0.6くらいは矯正できそうです。これは普段遣いのメガネよりやや劣るくらいのスペックです。普段遣いのメガネと同程度も試したのですが、ちょっと疲れそうなのでやめました。遠くは見えるのですが、近くのピントが合わない。地面が歪むなどの弊害が出るのでバランスが重要です。

【レンズカラー】
使用中のSPLIT JACKETのレンズ色はやや薄めのグレー。暗い夜から日差しが強い日でもなんとか使える程度にしてあります。1本でやりくりするギリギリの選択でした。やはり燦々と降り注ぐ真夏の太陽の元では眩しさを感じるし、薄暗いトレールでは微妙な凸凹などは認識が難しいと感じていました。そこで、今回はクリアレンズを製作します。

IMG_1080.jpeg
メガネハット Web Site

301Dのレンズはスポーツグラスとしては緩めの6カーブで特殊なレンズ加工が必要ではないので、一般的なメガネと同じ加工クリアレンズで問題はないとの事。価格は税込で7,500円だそうです。ちなみにSPLIT JACKETのレンズはハイカーブで段附加工も必要で約4万円でした。

価格表の右側が写っていませんが・・・レンズに色をつけるとこの価格にオプション価格として2,000円〜3,000円未満の追加費用がかかります。

私の場合乱視が強いこともあり、レンズの製作期間は10日間とのことでした。次回は受け取って、いくつかCXレースを走ってレビューをしたいと思います。

OGK kabuto サングラス 301D (防曇ライトスモーク) 自転車
by カエレバ





ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1626-cd429901
    この記事へのトラックバック


    最新記事