2019-2020 幕張クロス CM3

2019年11月04日 11:07

台風の影響で例年よりもシーズンインが遅れてしまいましたが、なんとか無事に開幕を終えました。毎年参加している幕張クロス(旧スターライトクロス幕張)は、好きなだけに入れ込みすぎて怪我も多いコース。安全第一で楽しんできましたよ。

コースチェック
makuharicross_map.png

恒例の試走時間前徒歩でのコースチェック。エリートはUCIレースとなるのでコースは右回り。基本的なレイアウトは作シーズンと変わらない感じだが、下位カテゴリーは芝生エリアがショートカットされる様子。この日のチェックポイントはコースコンディション。排水ポンプを使ってコース内の水たまりはほとんどなくなっているが、一部だけ意図的に残してある場所あり。また染み出しによりぬかっている場所もあり。後半のスケジュールであればラインもできてドライになりそう。

IMG_0898.jpeg

コース図左側とコース奥にある2連キャンバーの2つめ登り返し(忍者返し)はディスマウント。それ以外は基本的に乗車でクリアできる(バリア除く)。

作戦と目標
昨年は自分史上最も仕上がっていたシーズンだったが、今年のオフは本当に自転車にまたがっていなかった。そんな中の初戦でスタートは43番コールなので5列目。順位目標はなし。現状できる限りの力でプッシュをして、どれくらいのポジションで走れるのかを確認するレースとします。もちろん安全第一でね。

機材
19-20_raizin_cx.jpg
詳細はこの記事で

昨年は芝生エリアの転がりを重視してタイヤをシケイン(チャレンジ)にしたが、登り返しのキャンバーでトラクションが抜けることが多かった。試走では丁寧に走るから問題なくてもレースだとやっぱり神経が行き届かない。今回は芝生エリアも短くなっている事もありオールラウンドのスラローム(FMB TU)にした。不安だったのはタイヤ貼ってから一度も使ってなかった事くらい。

CM3 レースレポート
IMG_0985.jpg
Photo by Tomoaki Hori

スタートは周りの動きを見つつ落ち着いて。1コーナーまではあまり車間を詰めないようにして安全第一。そこから芝生エリアのヘアピンでガラ空きのラインを見つけてちょっと踏む。焦って踏んでも前に詰まるだけなので冷静にラインを探して空いたらそこに入る感じでバリア前まででそれなりに挽回できたかな。

IMG_0987.jpg
Photo by Tomoaki Hori

体力は持つはずがないので、出しどころを制限して、滞りなくフローするようなイメージ。芝生エリアに入ったらダンシングで早めにスピードに乗せるのは心がける。プッシュ、プッシュ!

IMG_0981.jpg
Photo by Tomoaki Hori

試走よりコースが絞られて逃げ場がなくなった水たまりポイント。まだラインができていない泥部分を走るより水の中の方が抵抗が少ないと信じて。

74426185_2551909774891893_5416872466645516288_o.jpg
Photo by Shinya Yoshiwara

Lap2の水たまりポイントではひろさとさんのオンボードに映っているが、加速も含めて2名をパスしている。

IMG_0983.jpg
Photo by Tomoaki Hori

決めたプランを淡々とこなし、前が見えたら追いつけるようにプッシュ。Lap2後半で前太ももに乳酸が溜まって踏めず。Lap3入って一度抜いた選手2名にパスされる。

IMG_0943.jpg
Photo by テリー

後ろを気にしつつ、これくらいの位置かと漕いでいたが、キャンバーなどの処理は破綻なくクリアできた事もあり抜かれた1名は射程距離に入った。最終コーナー手前の芝生エリアで踏んで気づかれないくらいの位置に上がって、最終コーナーで一気に真後ろにつき、そこからスプリント!声が出るくらい踏んで抜いてゴール。

リザルト:10位/49人出走 20%
Lap1 8:38(14)
Lap2 8:12(7)
Lap3 8:17(8)
合計タイム 25:09 (+1:23)

Good!
・決めたプランを確実に遂行できたこと
・できすぎのリザルト
・喘息発作や坐骨神経痛などの症状が出なかった

Bad
・オンボードカメラの操作失敗でデータなし

Lap2終了時に9位に上がっていたみたいだけれど、抜かれて抜き返して最終的には10位のリザルト。暑さを感じたが、空気の乾燥はなく、体調を崩すことなく走りきれたのは大きい。これからフィジカルを積み上げるのは困難なので、できる限りプッシュしつつ、冷静なマネージメントでリザルトを残せたらいいね。

IMG_0938.jpg
TEAM 48PRODUCT マスターズは無事にシーズンイン。NEWシューズはジャージデザインにドハマリしていると話題に。

最後に幕張クロスについて。昨シーズンまで売りだったナイトレースがなくなり、2日間に分けて1日分のスケジュールを消化する宇都宮のような運営になった。下位カテゴリーの参加人数減少によりレースグループが減ったのは長期的には問題なのかもしれないが、レース進行的には余裕ができた。UCIカテゴリーと下位カテゴリーでコース長の調整もあり、ちゃんと30分のレースが開催された。

ちなみに昨年までは20分前で終わることが通例だった。

昨日に引き続き20分弱のレース。ルール通りトップのラップから算出すれば3周回のレースになるはず。競技の性格が変わってくるくらいの状況だし、どうにか対策をして欲しい。ちなみにこの日は私たちとC3は2周回でC4は3周回のレースとなりました。なんだそりゃ。
UCI基準に合わせることによる弊害(コースが長くなり、遅い選手に合わせておかないとタイムスケジュールのコントロールが難しい)があるのは予想できるが、それにも対処方法はあると思う。今回スタートがホームストレート内だったが、これを別のスタートループを設ければ、前のレースの遅い選手をコースで走らせつつ、召集も完了できたりするでしょう。年々良くなっているイベントだけに次回に期待します。
昨年のレポートより



次回はRapha Super Cross 野辺山です。茨城の新会場も気になるけど体力的に難しいので観戦だけにしておきます。いやぁ、シクロクロスって辛くて楽しいですね。



ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1623-a9362881
    この記事へのトラックバック


    最新記事