アキレス腱付着部症

2019年10月16日 20:00

2ヶ月ほど前かな?左のアキレス腱の痛みが気になるようになった。寝起きや、ある程度の時間座っていて、立ち上がった際、顕著に感じる。歩いていると温まってきて痛みは気にならなくなる。これの繰り返し。


原因は多分これ。カニクロスと呼ばれる犬と一緒に走るアクティビティを始めてから。ベルトにリードを繋いで犬と走るのだが、犬が急激にスピードを上げた時には腰のあたりが前に持って行かれ顎が上がったフォームになる。下り坂を走るように踵でブレーキをかける感じ。これに気がついてから引っ張っられても顎を引いてフォームを意識、愛犬の関節炎もあって10日ほどランをお休みしたが症状は改善しない。

心配になり整形外科を訪ね診断をしてもらうとアキレス腱付着部症との診断。X線で患部を撮影し、石灰化は起きていないので症状は初期段階。電気、超音波治療で痛みがなくなったらリハビリをする方針となった。

参照:アキレス腱付着部症(二本足の外科学会)

過度な負荷を与えなければ運動は継続して構わないとのことで一安心。ゆっくりとペースを上げるような方法であれば問題はなさそう。自転車運動ではダンシングで踏み込んだり、シクロクロスのディスマウント以外では問題はなさそうなのでゆっくりフィジカルを戻すよう取り組もうと思います。

自身の開幕戦だった茨城CXが中止になったのは残念だが体のことを考えたら中止で良かったのだと思う。スライドして開幕戦となる幕張に向けてできることからやりたいな(超弱気)






ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1617-1122ebf7
    この記事へのトラックバック


    最新記事