台風19号と江戸川サイクリングロード

2019年10月15日 20:00

開催の行方を固唾を飲んで見守っていた茨城CX取手ラウンドですが、残念ながら中止となりました。日付が変わる頃の発表を待たず、各地の台風の影響を報道で見る限り無理だろうし、もし会場が水没しなくても開催するのは適切ではない雰囲気でした。

IMG_0539.jpg
Photo by ひろさと

翌日、アンオフィシャル冒険ランドアンバサダーのひろさとさんが会場へ向かうとご覧の状態。ここまで浸水した冒険ランドは見たことがありません。台風一過の日差しと共に美しいとさえ思ってしまう光景が広がっていました。

台風19号が通過した翌朝。犬の散歩コースとなっている江戸川河川敷へ。すると大河が広がっていました。スーパー堤防を河川側に降りると広大な河川敷が広がっています。広さはサッカーグランド1面がすっぽり入り、さらに管理用の道路が走っていると言えば想像できるかな。

IMG_0529.jpeg
台風19号が通過した翌朝
IMG_1976.jpeg
平常時

この写真は江戸川サイクリングロード右岸の東武野田線(アーバンパークライン)の鉄橋下。橋桁のメートル表示を見るとアンダーパス路面から約2.5m程水深がありそうです。平常時のほぼ同じ場所で写した写真と比較していただくとその凄まじさが伝わると思います。

IMG_8823 2
平常時

橋桁の下半分が薄い水色(薄いグレー)で塗ってあるのですが、ちょうどその部分が水に浸かったわけです。自転車と一緒に置いてある写真を見るとわかりやすい。

IMG_0492.jpeg

この周辺は賛否両論を巻き起こしたスーパー堤防工事も比較的進んでいて、これだけ水位が上がっても避難勧告は出されていません。

IMG_6023.jpeg

3キロほど上流へ行くと首都圏外郭放水路があり、周辺5河川の増水分を江戸川へ放流しています。そのため、受け止める側の江戸川は優先的に工事が進められているのかもしれません。そう、首都圏は優先的に税金をふんだんに使って治水が行われているわけです。それはここ最近の話ではなく、江戸幕府ができてからの話。

khstandemnia_sekiyado.jpeg

その辺りの話は、江戸川の起点がある関宿水門近くに建つ関宿城博物館で知ることができます。サイクリングではよく来るけど、お城の中に入ったことがある人は少数かもしれません。私は社会科の授業で知った治水の話が何故か好きで、その影響もあって何度か入館しています。

tonegawa19gou.jpg
台風通過翌日の利根川栗橋付近 Photo by バオヤッキー

昔からの治水の土台(河川の付け替えや遊水池、ダム、水門)の上に外郭放水路などのハードが加わり、気象衛星による降雨量予測、過去データの蓄積から、各河川の流量をコントロールして、なんとか首都圏に被害を及ぼす大惨事は免れたわけです。江戸川だけ見ているとそれほどでもなかった気がしますが、本流の利根川が危険水位を超えてなんとか持ちこたえたのは、そのコントロールの賜物でしょう。
優先して首都圏は守られている事実に感謝すると共に、各支流で河川が氾濫し被害を受けた人がいると知って、申し訳ない複雑な心境にもなるのです。

改めて「自分の命は自分で守る事」と「過去の事例では想像ができないスケールの災害が起こる可能性がある事」を肝に銘じます。

underpass_stop.jpeg
台風通過から3日後の野田橋アンダーパス

3日後の朝。水はだいぶ引き管理道路が見えるようになってきました。アンダーパスはまだ通行止の看板が出ています。日頃走っているサイクリストはどんな状況なのか気になって走りたくなると思いますが、まだ快適にロードバイクで走れる状況ではありません。水たまりが乾き、泥が乾いて粉塵となり、それを吸い込むことによる健康被害も懸念されています。まずは、落ち着いてできることをしましょう。

令和元年台風19号緊急災害支援募金(Yahoo!基金)




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1616-b65c409d
    この記事へのトラックバック


    最新記事