【シクロクロス】2019−2020シーズンの主力タイヤ

2019年10月08日 08:00

17-18シーズンから使っていたFMBスラロームですが、トレッドの摩耗、損傷は問題がなさそうですが、ホイールとの接着部分に剥がれが見られたので思い切って交換することに。貼り直せば3シーズン目も使えそうですけど、ふんどし剥がれのリスク回避の意味もあります。

fmbservicecourse.jpg

今回も同じくスラロームですが、シリカ配合で低温時でも硬くならない緑のスラロームにしました。性能云々よりも見た目のチョイスです。グリーンのフレームに合わせて、ダサい感じにしたかった。

fmb_green.jpeg

7月末にはBIKE24にオーダーを入れて待つこと1ヶ月。何の音沙汰もなく、メールで問い合わせて、いろいろあってオーダー入れなおして、その後はすぐに届きました。

daiwa_weder.jpeg

DUGASTを使ってみたい気もしたのですが、FMBは標準でコットンに防水処理をしてあるのがポイント。(DUGASTでもオーダーできるようですが)自分でタイヤをはめた後に接着面保護で塗りますが、コットン部分は下地ができている感じで塗りこまなくても少量で塗れます。

greentire_fmb.jpeg

今回は定番のアクアシールではなく、ダイワの製品を使ってみました。前回はバスコークで接着面の保護だけして、サイドのコットンは何もしなかったんですよね。





1週間後のレースに向けてギリギリのタイミング。そして今のところ天気予報では台風が列島を直撃しそうな勢い。レースが開催されれば、このタイヤの出番っぽいのですが、その前に一度くらい使っておきたいですね。

今年も手組み&TUと完組&クリンチャー(オープンTU)で戦います。




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1614-8903e1e3
    この記事へのトラックバック


    最新記事