2019/07 現在のTarmac Pro

2019年09月09日 12:00

テーマは「脱シマニョーロ」

親指シフトの気持ち良さは捨てがたいが、11速化して変速調整がシビアになり、こだわって少し面倒な機材を使うのにも飽きたので互換性の確約されたフルシマノに戻します。シマノ内でもグレードや型番で互換性がないものもありますが、その辺にも考慮してスッキリさせたい。
「脱シマニューロへ」より


【 2019ver 】 チューンナップ案(2019年2月の記事)」で宣言した通り脱シマニューロ。3月の時点で部品集めはほぼ完了。それらを組み付けて2019年Verが3月の時点で(ほぼ)完成しました。

201903tarmac.jpeg
2019/03/22

st9001r.jpeg

FD-9000-B.jpeg

br9000.jpeg

3月の段階でSTI、ブレーキ、FDを交換する事で脱シマニョーロは完了。微妙な変速不良とまでは言えないフィーリングの悪さから脱し、メーカーが約束してくれた互換性パーツの完璧な動作を手にしました。

34T化と1番古い部品の交換
これで当初の予定は終了だったのですが、昨年も参加した過酷な真夏のライド「Attack!299」に向けて更に手を入れることに。RDをダウングレードすることによってロー34Tを使えるようにして、更にTARMAC PRO購入当時から愛用していたTIMEペダルを交換しました。

tarmac201907.jpg
あとで写真差し換えよう

その他
thomson2.jpg

アメリカンバイクにアメリカンパーツを。ボトルケージからスタートしたこのムーブメント(大袈裟)がステム選びにも影響を与えます。カーボンバイク=黒系部品での統一に一石を投じるチョイス(大袈裟)。ステムをトムソンにしました。次はクリスキングのBBかな。

(未計測)kg
今までの最軽量Verが7.785kgでしたが、昨年はタイヤ交換などが響いて7.9kgに。軽量化を目指したペーツチョイスでもないので計測もしてません。気が向いたら測ります。

左右デュアルコントロールレバー:SHIMANO DURA-ACE ST-9001 NEW!
フロントディレイラー:SHIMANO DURA-ACE FD-9000-B NEW!
リアディレイラー:SHIMANO ULTEGRA RD-R8000 NEW!
カセットスプロケット:SHIMANO CS-HG800 11-34 NEW!
前後ブレーキキャリパ:SHIMANO DURA-ACE BR-9000 NEW!
クランク:SHIMANO FC-6800
パワーメーター(センサー):パイオニア左のみ
ペダル:SHIMANO ULTEGRA PD-R8000 NEW!
ホイール:FULCRUM RACING ZERO NITE C17
タイヤ:MICHELIN POWER ALL SEASON 25c
チューブ:Panaracer R'AIR
ハンドル:DIXNA アグリーハンドルバー 405mm NEW!
バーテープ:SUPACAZ SUPER STICKY KUSH Galaxy NEW!
ステム:THOMSON ELITE X2 90mm NEW!
ボトルケージ:KING CAGE IRIS

ハンドルバーとか交換したけど触れていなかったパーツもあったので一覧をなんとなく更新。もう基本はできたので、気まぐれなアメリカンパーツムーブメントの波が次はどこに!?ってところかな。調和を目指すならBBにシートピラー、ハンドルバーなんかは交換したい気持ちもあるけど優先順位はとても低いので良いタイミングがあればって感じ。そろそろGARMINメーターとかも怪しくなってくるし、そっちが先かもね。




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1604-6c7fbc61
    この記事へのトラックバック


    最新記事