度入りサングラス愛用者には気になるアイテム登場

2019年08月21日 20:00

先日のMTBふじてんライドでもっとも私を悩ませたのは、自転車乗り込み不足でもなく、XC用MTBの機材でもなく、プロテクター類の不安でもなく・・・視界の問題。スピードや木陰のコントラストなどもあって、目が追いつかずに対応が遅れることを実感しました。

sunglas_pakley.jpg
矯正レンズを入れてから5年経過したスプリットジャケットですが、フレームだけ考えると使用開始してから7年経ちます

2017年の記事「視界は良好か?自転車とアイウェアの話」のところでも書きましたが、円錐角膜による強烈な乱視でちゃんと矯正するにはオーダーで製作するハードコンタクトレンズを使うしかありません。ただハードコンタクトレンズの特性上、自転車遊びに使うにはいろいろ不便な事が多く、弱矯正にはなりますが、度入りサングラスを使っています。

46456132_1905760506386835_3075930181530025984_o.jpg

購入時のレビューが2011年1月ですからね・・・長く使ってるなぁ。円錐角膜発症前はサングラスを取っ替え引っ替え使っていましたが、今はそうはいきません。矯正レンズを組み込んだスプリットジャケット(マットブラック)の他に予備フレームとしてイエロー/ホワイトも持っているので、まだ使えますが、常に視界をより確保するために情報収拾は欠かせません。今回そのアンテナに引っかかったのが、OGK kabutoの新作OGK KABUTO 301Dです。

301dogku.jpg
メーカーサイト:OGK kabuto 301シリーズ

前に紹介したスミスのODSのようにアダプターを介して8カーブ用のフレームに6カーブのレンズを組み込めるようにするシステム。OGKではDOCKシステムと呼んでいるようです。フレームのデザインと合わせてCFD解析を行っているようで6カーブでありながら空気抵抗、風の巻き込みなどにも対応しています。

見た目の好みについては、サングラス単体で語るのはあまり意味がなく、ともかく実際にフィッティングしてみないとなんとも言えないけど、悪くはなさそう。少なくとも試してみたいと思った。

ただ、いつも言うけど自分で調整できるノーズパッドはあまり好きではない。転倒などでぶつけた時にフィッティングが変わるのが嫌なんですよね。

OGK Kabuto(オージーケーカブト) 301DPH サングラス 防曇クリア調光[自転車・アイウェア][調光レンズ][サングラス]
by カエレバ


スプリットジャケットよりも軽かったらいいな。自転車では気にならない重量もランニングだと上下運動があるので動くのが気になるんですよ。お店に足を運んでみようと思います。




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1599-9b35985e
    この記事へのトラックバック


    最新記事