2018 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE

2018年10月22日 12:06

ジャパンカップサイクルロードレースに行って来ました。2008年に観戦をしてから、仕事などがない限り観戦を続けてましたが、今年は2015年以来の観戦。3年ぶりのジャパンカップはどうなっているのか!?
改めて2015年のレポートはちゃんと書けてるし自分にも熱があった気がするのですが、今年は何も調べてないし、わからない状態で観戦へ。そんなテンションで」楽しめるのかって実験でもあります。

IMG_2830

2015年はものすごい観客の数で駐車場に車を停めるのもギリギリだったので、ちょっと早めに家を出ます。いつもの利用していた射撃場跡の駐車場が使えなくなっていて浦島太郎状態。3年のブランクを感じつつ多気不動尊駐車場へ。ちょっと焦りましたが十分駐車場にはまだ空きがありました。そこから自転車でスタート/ゴール会場へ。自転車を止める場所や歩行ルートなどしっかり考えられていて、オーガナイズが格段に進歩していることに驚きます。

しかし、会場の観客数は・・・もしかしたら2015年が余りにも加熱していたのかもしれませんが、とても少なく見えました。右肩上がりで増えて来た観客数もひと段落したのか?それともオーガナイズがしっかりしているから早朝にくる人が減ったのか?原因はわかりませんが、早めに会場入りしたのに肩透かし。もちろん一般的な自転車イベントとして見ればたくさんの人で溢れているんですけどね。

最初の頃の観戦はスタートシーンを見送って、今は使わなくなってしまった鶴カンの登りポイントで観てから、古賀志林道で移動しながらって感じのノマドスタイル。しかし、近年は余りにも人が増えて来て移動も大変なので古賀志林道のポイントに椅子を置いて定住場所を作り、トイレだとか食事のタイミングで移動しながら見る感じとしていました。今年くらいの客入りであればノマドスタイルに戻しても良さそうですね。

DSC_0218

プロツアーカレンダーに組み込まれるかも!?ってニュースとは裏腹にレースはあまり・・・だったのは自分の熱が入ってなかったからかもしれません。ラジオを持って行くのも忘れてレースの展開を追えなかったのも原因かな。

別府 ジャパンカップ

海外ビッグネームが不在であれば、これはチャンスと日本人選手の奮闘があれば盛り上がるのですが・・・チームとして集団をコントロールしていたブリッツェンは存在感を示していましいたけどね。

DSC_0123

序盤から集団が割れて遅れてしまう選手達も多く、最低参加選手人数をクリアするために参加チームを増やしたのが悪かったのか?やる気のないチーム、もしくはレベルの合っていないチームが混ざっていたのかな。その辺も緊張感を欠く原因があったのではないでしょうか?



あとサポートカーが多すぎませんか?車列が長すぎて歩き回るにも邪魔。チームカーやフォトグラファー含むスタッフの移動、警察、救急車は必要だと思いますけど、それ以外のスポンサー関係ってどれくらい走っているんだろう?私もSUBARUの抽選でコースを回ったことがあって面白い経験ではありましたが、もっと大きな車で数を少なくするとかできないのかな・・・。ジャパンカップ名物のサポートカーにも声援を送るやつを冷めた目で見ながらそんな事をボンヤリ考えていました。

とにかくオーガナイズはとても洗練されてきて準備は整っている事を強く感じました。私の上がらなかったテンションもプロツアーチームがやって来たらブチ上がる事でしょう。その時を楽しみに待っています。




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1489-54697895
    この記事へのトラックバック


    最新記事