【ヒッチラック】ママチャリも運べる?

2018年10月02日 15:12

CXの練習にロード、MTBの遠征に活躍しているKüat Racks Transfer(クアトラック・トランスファー3)。スポーツバイク用のラックで素早く確実に自転車を運搬することができます。「こんなに簡単なの!?」って驚かれることも少なくありません。

bikeruck_boukenland.jpg
Küat Racks Transfer(クアトラック・トランスファー3)レビューページへ

固定方法は、フロントタイヤを固定バーで押さえつけて、リアタイヤをベルトで抑えるだけ。この構造なのでフレームの形状に左右されることなく取り付けが可能。フルサスのDHバイクでも問題ありません。ただし、フロントに泥除け(フェンダー)があったり、フロントバスケット、キャリアが取り付けてあると固定が難しくなりません。いわゆるママチャリ(軽快車)は運べない・・・と思っていたのですが、いけちゃいました。

mamachari_bikeruck.jpg

baikeruck_transfer3.jpg

車体側に固定しているのでちょっと見えにくいのですが、問題になるフロントタイヤの固定はフェンダーとフロントバスケットを避けた位置にセットできました。電動アシスト自転車の車重があるため、追加で一応ゴムバンドで固定をしましたが、実際はそんなことせずとも運ぶことができます。これは大きな発見!使い方が広がります。

メーカーサイトのスペックを見るとバイクの重量が40ポンド(18.1437kg)までってことで若干オーバーしてる!?(汗)緊急用くらいに考えた方が良さそうですね。




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1477-b64c7b53
    この記事へのトラックバック


    最新記事