クラシックロードで散歩自転車を作る2

2018年09月15日 21:45

冷蔵庫の残り物でチャーハンを作る感覚で街乗りバイクを組もうって企画がスタートしましたが、お手軽仕様なんでもう完成しました。

promiyatabluetires.jpg
前回のまでのイメージ

126mmエンド幅フレームに無理やり130mmのホイールを押し込んだところで第一関門はクリア。あとはガレージに死蔵してある部品を中心に一部フリマサイト、一部新品部品を組み込んで組み立てます。

シングルギア化
IMG_1900

フロントのチェーンリングはインナーギヤをアウター側に固定しました。リアはgrunge(グランジ)の シングルギアアダプターセットを使いました、サーリー にもカッコイイのがあるのですがお値段が倍するのでこちらで。様々な厚みのスペーサーが入っていますが、目見当でチェーンラインが出ていそうな部分にギヤを入れたら一番薄いのでサンドイッチして微調整ができるようにします。スペーサーは1枚余りました。

grunge(グランジ) シングルギアアダプター用ギアセットのみ 18・20T 18・20T
by カエレバ


クイックよりもボルト固定の方が雰囲気が出るのでTRANZ-Xのツールスキュアーキットを使って六角ボルト固定にしました。

TRANZ-X(トランズエックス) 060-3 ツール スキュア3点セット BK ブラック
by カエレバ


ステムは前回書いた通り珍しい規格だったために、そのまま使うのは諦めてアヘッド化するアダプターを使いました。

GRUNGE (グランジ) ステムアダプター シルバー
by カエレバ


ステムは転がってたMERIDAの純正ステムを使う気でしたが、余りにもミスマッチだったので悩んでいたところ、ダメ元で入札したオークションでNITTOの削り出しステムを落札。

NITTO(日東) ステム UI-25EX CNC UI-25EX-100 φ31.8 φ28.6 100 シルバー
by カエレバ


少しサイズが大きいフレームなのですが、フラットバーなのを考慮して長めのステムにしました。ハンドルはとりあえずTIOGAのフラットバーを仮付けしています。

IMG_1921

ロードバイクをシングル化するのにチェーンの長さがうまく合わせられるかが大きなポイントでシングルギアアダプター用テンショナーを使ったり、エキセンBBを組み込んだり、半コマのチェーンを利用したりしますが、できればギヤの大きさを選んでシンプルに決めたいところ。今回は運良くそのままチェーンを張ることができました。

IMG_1934

ペダルはタンデムバイクに取り付けていたMKSのMT-LITEをとりあえず移植しています。

MKS(三ヶ島) ペダル エムティーライト [MT-LITE ] ブラック 左右セット
by カエレバ


ブレーキレバー、キャリパーは何かの純正品を流用。ハンドルバーはタイオガでグリップはメリダの純正品。シルバーパーツを多めに使っているので、できればハンドルとグリップはそのうちなんとかしたいところ。

IMG_1935

ワイヤーも安売りセット品みたいなやつの余りが家にあったのでそれを使いました。チェーンはシマノの6〜8速用を使っています。(チェーンとブレーキシューは新品)

IMG_1942

サドルはそのまま。味が出ているこの感じがベテランっぽくて良いのですが、厚みがある分シートピラーがあまり伸ばせなくてちょっと悲しい見た目に・・・・で、出来上がりです。

IMG_1943

IMG_1945

miyataflatbarroad.jpg

シートピラーがあと1cm出ているだけでも随分と印象違うのにな・・・ってところは気になるのですが基本的には大満足。これ見てたら自分のカーボンロードもクロモリにしたくなってきました。ハンドルを今っぽいちょっと幅が広めのライザーバーに交換すればバッチリですね。水色タイヤもなんだかネオレトロな感じでそこまで悪くないかも。

miyatasport?flatbarcustom

乗ってみたところ乗り味も軽やかでフラフラと散歩するには最適のバイクに仕上がりました。ちょっとギヤ比が軽すぎる気もしますが、チェーンテンションの問題もあるしちょっと様子を見ようと思います。適当な街乗りバイクのカスタムは楽しいなぁ。




ssalebaner.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1464-ecff07f8
    この記事へのトラックバック


    最新記事