茨城シクロクロスのマスターズが熱くなる予感

2018年08月03日 08:00

こんな夏の盛りで実感はありませんが、いよいよ今週末にいはシクロクロス2018-2019シーズンのエントリーが開始されます。茨城シクロクロス第1戦城里町うぐいすの里ステージです。(エントリーなど詳細はコチラ

IMG_1872
Photo by 岡元 恒治

昨シーズンと同じくスタートはココから。まだ暑さの残る9月で(見事に熱中症気味になった)そのコースレイアウトもあって、今年エントリーするか決めていませんが、開催要領に気になる記述があったので紹介します。

今シーズンの茨城シクロクロスでは新しい取り組みとして
①CM1にて総合表彰に加え、10歳刻みの年代別表彰(40+、50+、60+)を実施いたします。
②CM2とCM3はこれまで通り同時出走となりますが、リザルトは分けて発表します。(これはCM3からCM2への昇格者を増やすことと、より多くの方へ表彰の機会を広げることを目的としています。)

茨城シクロクロス第1戦 城里町 うぐいすの里ステージより


昨年のシーズン中からマスターズクラスの運用についていろいろ議論があったようですが、茨城シクロクロスでは上記のような方針で運営することになったようです。まずCM1の年齢別の表彰(40+、50+、60+)は、全日本選手権のマスターズクラスに合わせる形になるんですかね。

CM2+CM3 から CM2/CM3 へ
個人的に気になったのはその次のCM2とCM3のレースについて。マスターズクラスの参加人数が少ない関東のレースではCM2とCM3は同時出走で、カテゴリー関係なく表彰(順位決定)、昇格認定が行われてきました。しかし今シーズンから同時出走ですが、カテゴリー別に表彰を行うようです。表彰だけが別で昇格基準は一緒なのかと思い確認したところ、昇格についても別々で行われるそう。

昨シーズンまではマスターズクラスに移行してCM3からスタートしても、同時出走の上位カテゴリー者と争い昇格基準を目指す必要がありました。しかもめでたく昇格基準をクリアするとCM3からCM2ではなく、CM1に飛び級します。これをヨシとするツワモノには都合が良いのですが、CM3でギリギリの戦いをする(予定)の私としてはビッグチャンス(飛び級)よりもまずは小さな賞賛(CM3内での活躍を讃えられたい)が欲しい。そんな私にピッタリのルール改正となりました。

DSC_0308

これを実現するには各カテゴリー最低10名以上走らないと昇格者が1人も出ないので最低限そこはクリアできるくらいのエントリー者数を安定的に確保したいところですね。

C4かCM3か
IMG_4689
Photo by Tomoaki Hori

昨シーズンの最高順位はCX東京の9位。その前のシーズンと比べて全般的にやや下降気味。昇格を夢見るポジションには行けませんでした。おそらく今年も邪魔にならない程度に走ることはできるし、同時にCMがレベルが低いとも思っていません。シクロクロスはあくまでも遊びなので、自分にとってどちらが楽しめるかが大事。それはレースを走り競うことだけではなく、会場で他のカテゴリーの応援をして、写真を撮り、ココでしかなかなか会えない仲間たちと時間を共有することも含まれます。レースの開催時間など総合的に考えると2シーズン前から考えていたマスターズに行くべきかな・・・と思っています。

IMG_2281

このルール改正を行った主催者の意向を汲み取りこのクラスを盛り上げないといけないかな。C1からビッグネームがマスターズに参戦する噂も出ており関西だけではなく、関東でも盛り上がるかもしれません。いや、みんなで盛り上げましょう。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1436-4b6e59e3
    この記事へのトラックバック


    最新記事