どこか懐かしい雰囲気なサドルバッグ「ストローフット/シンプルシートバッグ」

2018年08月02日 12:00

先日、不動峠の激しい振動と私の油断で落としてしまったアランデルのUNOサドルバッグ。とりあえずは手持ちのサドルバッグで済ませていましたが、やはりあのすっきりとしたシンプルなルックスが恋しい・・・

RACING ZERO NITE
このサドル下にすっきり収まる感じは、見た目の良さはもちろん、テールライトが付けられたり、ピラー固定しないのでドロッパーとも併用できるメリットがあります

そんな私に好き者の店主がこんな製品がレコメンド。シムワークスがアメリカのストローフットに別注しているシンプル・シートバッグです。4色のカラバリがあったようですが、現在シムワークスのショップで在庫があるのはこのオレンジのみ。これが気に入ればSALEA中だからお得です。他の色が欲しい場合は各ディーラーの在庫を当たるしかないですね。

シンプルシートバッグ
Strawfoot - Simple Seat Bag

ストローフットが通常ではナイロン生地で製造するサドルバッグを、シムワークスのリクエストによる2色使いのワックスド・キャンバスにて生産したコラボレーション製品です。 幅1インチのナイロンストラップをサドルレールに通すというシンプルな構造で、サドルに取り付けていない状態であれば、間口一杯にジッパーを広げ、容量一杯に収納する事が可能です。また収納容量の目安としては、29er用チューブ1本もしくはロード用チューブなら2本と、タイヤレバー、CO2ボンベが収まる程度となっております。 シンプルなルックスとシンプルな機能を持ち、オン・ロードからオフ・ロードまで垣根なくただ純粋にライドを楽しむ為に作られたこのシンプル・シート・バッグ、是非ライドのお供として連れていって下さいませ。

容量:約530ml
サイズ:幅 / 5cm 奥行き / 14cm 高さ / 7.5cm
素材 : Waxed Canvas
Handcrafted in Santa Cruz, California


simpleseatbag_fullopen.jpg

その名の通り本当にシンプルな作り。固定はナイロンストラップ1本だけ。オレンジとワックスドキャンバスがレトロな雰囲気を更に演出しています。止水ファスナーがぐるっと回っていてガバっとオープンできます。固定状態だと拓けませんがちょっとナイロンストラップを緩めるだけで中身は容易に取り出せるでしょう。

simpleseatbag_nakami.jpg

中にどれくらい入るか試します。Attack!299に向けて予備タイヤチューブを2本入れることにしました。パンク修理用のパッチと携帯マルチツール、タイヤレバーを2本入れました。追加でチェーンのコネクトピンとタイヤブートを入れる予定です。アランデルのUNOだとタイヤチューブは1本しか入らなかったので少し容量アップですね。
(普段はタイヤチューブ1本でCO2ボンベとアダプターにしようと思います。)

ssb_set2.jpg

結構パンパンになりましたが、こんな感じで固定できました。ナイロン部分は滑る素材なので気になりましたが、ギュッと締め付けると揺れなどもありません。

遊環

ちょっと小技を。このサドルバッグの固定用ストラップ。バッグと一緒に例えばウインドジャケットなんかを一緒に縛り付けたりもできちゃいます。シンプルだからこそ使い手のアイデアで活用できるのですが、そのため少々長い。余った部分はくるっと縛り付けておくのもシンプルな解決方法ですが、私はこんなシリコン遊環を使ってストラップに通して使っています。

ssb_ring2.jpg

これ、ガーミン時計のシリコン遊環が切れた時に買った余りです。タイヤチューブ買った時に付いてくる輪ゴムとかでも代用できそうです。

ssb_set1.jpg

アランデルUNOよりちょっと大きくなりましたが、許容範囲かな。最初にも書きましたがドロッパーポストでも使えそうなのでMTB用にしてもいいかも。アメリカンハンドメイドの絶妙なダサさ、ローテクなバックパックみたいでカーボンバイクへのミスマッチが今の気分です。

購入は各ディーラーかシムワークスオンラインストアへどうぞ。現在オレンジのみ在庫ありでSALE中みたいです。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1435-cf145e51
    この記事へのトラックバック


    最新記事