ボディビルに見習うシクロクロスのかけ声を考えよう

2018年07月26日 12:05

普段聞いているTBSラジオの番組「アフターシックスジャンクション」2018.07.23のビヨンド・ザ・カルチャーにて「ボディビルのかけ声」特集が放送されました。書籍の出版もあって話題になっているボディビルのかけ声、例えばキレてる、デカイなど聞いたことがあるかけ声の他に『肩にちっちゃいジープ乗せてんのかい!などの独創的なかけ声なんかもあり、それらを面白おかしく紹介してくれてそれだけでも楽しいのですが、そこを入口にこの競技の面白さを紹介しています。知らないことばかりで目から鱗が落ちました。面白いのでTBSラジオクラウドradikoなどを利用して聞いてみてください。

ボディビルのかけ声辞典
by カエレバ


ボディビルにはシーズンがあった
冬の間にしっかりとバルクアップ(体重を増やして)シーズンインに向けて体を鍛え、絞って理想の体に仕上げていく過程が毎年繰り返されます。シーズンインして鍛え、絞りながら今年はどんな体に出会えるかが楽しみであるといった話が印象に残りました。

個性
人間の顔や身長などが違うように筋肉にも個性があるのか?といった問いに、角ばっているとか丸いとか位置、バランスなどあるが、それを感じるのは絞り、鍛えたあと。そこの境地に達さないと個性は見えてこない。

かけ声はポジティブ
選手同士お互いが厳しいトレーニングをやって来た事を知っているから、お互いを高め合うような言葉を伝える。

かけ声の種類
ボディビルは基本的に筋肉の大きさ、メリハリ、バランス、表現力が評価されるのでそれに関するかけ声が基本、応援する気持ち、リスペクトする気持ちがあればいろいろな例えで声をかけてもいい。筋肉が大きい事を大型冷蔵庫と言うことも。

ココにボディビルの盛り上がりの種があるんだと感じました。歌舞伎を見に行っても「成田屋!」と声をかけるのはなかなか難しい。でもボディビルなら観客もエンターテイメントとしてのかけ声を楽しめそうな気がします。もちろんそこには選手、競技へのリスペクトがあって、それがないとタダ邪魔なものになると思いますけどね。もちろん応援された選手だって、それでテンションが上がることでしょう。

私の場合、サッカーをやっていた時に、ピッチサイドにいた相手チームの関係者から「7番(私)脚速いから気を付けろ!」「(厳し目のスルーパスに)うわ、追いついた」などと言われるのが快感でした。対戦型スポーツなので相手チームにとっての警戒、注意喚起が私にとって最大の賛辞であり、逆効果のかけ声になったケースですね。

シクロクロスのかけ声
DSC_0368

応援するのも走るのも楽しいシクロクロス。どんなかけ声が一般的なんですかね。

「GO GO GO!!!」
一番多いのはこれかな?使いやすく汎用性があります。とりあえずこれ言っとけばOK。

「前を見ろ!」
「前を追え」とか「まだ追いつく」「諦めるな」なんてのも同じ。発破をかける系ですね。諦めかけた心に火が入ります。これ言われてるようじゃダメなんですけどね(苦笑)

「がんばれ」
言いやすい言葉なんだけど「がんばってます」って返されたこともあって言うタイミングが難しいかもね。応用編として「〇〇選手、ガンバ!」なんてのもあります。ちょっと80年代の匂いがします。

「前と5秒」
実用系です。「後ろと5秒」とかもあります。「前と3秒、前タレてるよ!」なんて発破系と合わせると実に良いですね。周回数が決まっていない競技なので「あと2周です」とか「11位、シングル行けるぞ!」などと順位を数えてくれるのもありがたい。

「フリースタイル」
「それでいいのか!」などある特定の人物に言う系もあります。昨年のお台場では念願の昇格目前の選手に対して並走しながら「鳥肌立つわ」なんて言ってしまいある意味集中力を削いでしまった事もありました。

ボディビルを参考にするならバリアを果敢にバニーホップでクリアする選手には「バニホ最高!」と言うべきだし、サンド区間を乗車でクリアする選手には「サンドバギーかよ!」などの賞賛を伝えるべきであろう。スタイルがとにかくクールな人には「スタイリッシュ」とかね。そこから通り名、別名みたいなものが生まれてもいい。ホールショットマスター、Mr,66%、C4の番人、重戦車みたいな。

15572247608_441bcd75b6_z.jpg

また「オイ!オイ!オイ!」と急坂を乗車でチャレンジする選手にリズムと勇気を与える声援もありますね。成功した時の大歓声もセットでたまらないシーンになります。

DSC_0579
勝っても負けても、ゴール付近では選手に惜しみない拍手を

声を出すのがまだ恥ずかしい、なんて声をかけていいかわからなければカウベルを鳴らすのもあり。これがあるのがシクロクロスの良いところじゃないかな。どの会場でもやはりカウベルは販売するべきで、そこには応援の仕方みたいな説明書があってもいいんじゃないかな。応援するのも楽しいシクロクロス。会場が思いっきりポジティブなパワーで包まれる。

#ボディビルに見習うシクロクロスのかけ声を考えよう(Twitter)

あの熱狂、寒い週末の早起きがはじまるまであと2ヶ月。この暑さで全く実感はないけど、シーズン開始はすぐそこまで迫っています。準備はできていますか?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1429-ab90250d
    この記事へのトラックバック


    最新記事