Bell Zephyr MIPS ヘルメット ファーストインプレッション

2018年07月25日 08:00

ヘルメットの寿命は3年(落車などでダメージを与えた場合はその都度)と言われています。過去記事「Specialized S-Works Prevail ファーストインプレッション」を見ても分かる通り、ロード用にメインで使っているSPECIALIZEDのプリヴェイルも3年が経過しました。並行して合計3つのヘルメットを使い分けているから見た目は全く痛んでもいないんですけどね。

SPECIALIZED S-WORKS PREVAIL
sworkspvlback.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

その形状から当初より正面からのルックスはあまり好きじゃなく、まっすぐかぶるのが難しいかったりもしたのですが(この写真もズレてる)、斜め後ろからのルックスなんかは気に入っていました。ヘルメット自体の軽さもあって疲労も軽減されるしね。次のヘルメットは常に妄想はしていて、シクロクロスとの親和性からLAZERのトップモデルなどを考えていましたが、このヘルメットの先進性とシンプルなルックスに惹かれて衝動的に決めました。

Bell Zephyr MIPS
DSC_0002

28701603047_e44f6ab6d5_z.jpg

他に気になっていたGIROのSYNTHEに近いバナナかぶってるみたいな感じ。LAZERのジェネシスとかもそれで気に入ってたんだけど、それと同じ系譜。シンプルで剛性のありそうな雰囲気で前後のラインが強調されています。

DSC_0005

またサイドから見ると上下に分割されているデザインで、前から後ろのラインと後頭部を守る部分に分かれます。

DSC_0009

後ろから見てそこの処理も抜群だと思いました。スーパーサイヤ人的トゲトゲ感も皆無なのがまたよし。シックで大人な雰囲気。

mcp1backstyle.png

どこかのブログでマクラーレンっぽいと書いてあったのを読みましたが、まさにそれは言い得て妙だと思いました。P1を彷彿とさせます。

しかも、Mipsを内蔵しながら見事にインテグレートされていて、前提にデザインされている事がわかります。全く違和感がない。今までのヘルメットよりも重くなりますが、それが気になるかはロングライドをしてみてですね。フィット感についてはOK。以前展示会でBELLのヘルメットを試着した時は欧米型のシェルでこめかみの辺りがキツク感じましたが、今回は全く問題ありません。Mサイズで随分と余裕があるのでSを試したいところですが、在庫がなくMにしました。冬場に厚手のインナーキャップをかぶっても大丈夫でしょう。これ、シクロクロッサーには大事なところ。



BELLと言えばオートバイのヘルメットでも憧れのブランド。ケニーやエディーがまだ若くアメリカで戦っている時代にかぶっていたイメージ。そんな歴史的イメージも込みで惹かれてしまったんだろうな。

《即納》【最新セーフティテクノロジーMIPS搭載】BELL(ベル) 2018年モデル Zephyr Mips (ゼファーミップス)ロードバイクヘルメット[ロード・MTB]
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1428-186adadd
    この記事へのトラックバック


    最新記事