FC-9000とWolftooth

2018年04月17日 22:06

シクロクロスバイクにはシクロクロス専用のフロントシングルギヤクランクROTOR CX1を使ってきました。

ROTOR 3D30 CX

当時、シングルギヤ38Tと34Tを持っていてコースによって使い分けていました。交換する際に通常のチェーンリングボルト&ナット方式dと交換が少々厄介。しかしCX1クランクはクランクのスパイダーにネジが切ってあるので5mmのアーレンキーだけで簡単に交換ができます。

しかし、このボルトがちょっと短くウルフトゥースなどのチェーンリングでは素材自体が厚く2〜3山しか噛まずにボルトを舐めてしまいます。アルミ製で尚且つ特殊なピッチと径なので代替え品も見つからずに苦労しました。CX1クランクは実質専用リングしか使えないのです

ローター ナローワイド

専用のギヤならボルト取り付け部分がザグってあるので大丈夫。ちょっとした興味もあり楕円38Tをチョイスして使ってみました。正直楕円の効果もあまりわからず、他の人を見ても泥のレースで脱落しやすい傾向もあり。

22528633_1985850148328986_8135017107844397844_o

更に泥レースでROTORのBBが固着。通常のスレッドシェルで30mm径が使えるようにするコンパチBBですが、構造上泥水が入りやすい感じ。

シールドベアリングを打ち替えて使い続けましたが、RD-9100を導入したことによりリアがワイド化され、フロントチェーンリングでギヤ比を調整する必要もなくなったのでROTORに見切りをつけて違うクランクとチェーンリング導入を心に決めたのでした。

ライジン シクロクロス
シーズン終了時のライジンシクロクロス

BBは最初に使っていたクリスキングがストックしてあるので決定。過酷な条件になるCXではやはりクリスキングを使いたい。そうなると24mmシマノクランクを使うしかありません。ROTORクランクやチェーンリングと合わせてCX50クランクなど使わなそうな部品一式オークションで処分して、その資金でクランクを落札しました。

fc9000_20180417215023c34.jpg

型落ちとなったFC-9000クランクです。アルテグラで十分と思いながらもCXは一応戦う機材だから気分を盛り上げるためにもDURAにしておきたい。ずっと回しているクランクは投資効果も高い気がするし、バイクの顔だしね。

fc9000_wolftooth.jpg

ナローワイドのギヤはもちろんWolftooth。歯の形状とか今まで見てきた中で一番複雑で効果的だと感じています。FC-9000にWolftoothの組み合わせってカッコイイし。

raizin_fc9000.jpg

さっそく組み込みました。あいにくの雨でまだ乗れていませんが、間違いないでしょう。もういつでもCXシーズン入れる感じに仕上がりました。32Cのスリックタイヤ履いているので通勤を含めてサイクリングで使ってみようと思います。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1387-6ccd689e
    この記事へのトラックバック


    最新記事