NEXT

2018年04月06日 22:00

カーボンバイクの寿命とは?
自動車にしたってオートバイにしたってニューモデルにはあまり興味がありません。「いいなぁ」と稀に思う場合もありますが、現実的に購入するまでには至りません。今まで新車を買ったのって通勤で使っているスーパーカブ110だけ。どうしてもあまのじゃくな性格が邪魔してしまうんですよね。

TARMAC PRO 2006

そういった意味ではかなり枯れた存在となった2006年SPECIALIZED TARMAC PROは誰かと被ることもなく都合も良いのですが、さすがに12年が経過したカーボンフレーム・・・アスファルトの上で命を乗せて走るには不安を感じるようになってきました。カーボンフレームの寿命には諸説ありますが、蓄積したストレスが一気に破断することも否定できず次を意識せざるを得ない状況です。MTBのこともありますしね

次のロードバイクはどうするか?
そんなことを常に考えています。自分の好みからすると最新型最新鋭のレーシングプロダクツよりも自分専用のロードバイクの方が満足度が高いのであろうと思います。ヒルクライムで苦労しているときは軽量カーボンフレームを恨めしく感じるのは織り込み済みです。それでもやっぱりね。

カーボンの新型フレームは、現時点での誰でもわかりやすいモノサシ(軽い、高剛性、エアロ)で評価され、その価値は時が経つと共に陳腐化していきます。レースで勝つこと(ライバルを出し抜くこと)を目標としているのでその競争に終わりはありません。もちろんそこに個人の思い入れが乗っかることにより私的な評価は変わりますが、あくまでも誰でもわかりやすいモノサシに支配されると考えます。レースの機材と割り切るならこれなんだろうけど、あいにくロードレースには出場しないし、研ぎ澄まされたカーボンバイクは今の気分じゃない。

ライジン シクロクロス
一応レースに参加しているCXこそカーボンにすべきだったりしてね

それなら今乗っているシクロクロスバイクのように俺だけの相棒、俺スペシャルのバイクを選んだ方が性に合っているのでしょう。つくづく面倒な性格だと思います(苦笑)こんな話はこのブログでも何回かしたことあるよね。だから頭の中では常にどんなバイクをオーダーするかって妄想しています。

まずは・・・

「どんな風に使うか?」=サイクリング、CXのトレーニング(CXとMTB以外の全部)
「スタイル的趣味嗜好」=シンプルだが古典的な記号の中に少々の遊びが欲しい

この辺から妄想はスタート。これを満足させるには・・・

「どんな素材か?」=スチール系
「どんなコンポを使うか?」=現在使用中の機械式変速機とリムブレーキ移植

それらをお任せできるのは・・・

「ビルダーは?」=たくさんいる

って感じかな。膨らませた妄想と現実(予算や納期、コミュニケーションの問題など)の辻褄を合わせてそれが納得のレベルに達したら実行となるのでしょう。

R0016132

どうせ新しく組むなら油圧ディスクブレーキって考えももちろんありますが、あまりメリットを見出せる使い方ではありません。それならDI2の方がメリットは大きいでしょう。でもシンプル(ダイレクト感があって直感的)なワイヤー操作の現コンポーネントは悪くない。親指シフトで多段変則するコーラスの感触は最高。フルカンパへの誘惑は否定できないけどパイオニアパワーセンサーが付いているアルテから今のとところ逃れられないしな。

superseven_nikko.jpg
スーパーセブンのような古典的スポーツカーに重なるロードバイク

そなるとロードは古典的なスポーツバイクでいい。そうは言っても1インチのスレッドステムにラグドスチールが全てではなく、現代的解釈の古典的ってイメージね。カーボンの最新バイクじゃなくていいけど、ちゃんと現在のスポーツバイクの基準は満たして欲しいから。その意味では前に乗っていたスーパーセブンはイメージに近いのかもしれません。

言い尽くされた言葉ですが、考えているときが一番楽しいのかもしれません。でも自転車の場合は手に入れた後も確実に楽しいのはご存知の通り。準備は続けます。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg






関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1381-4a9b3541
    この記事へのトラックバック


    最新記事