種を蒔く男

2018年03月06日 20:00

お世話になっている輪工房さんで知り合ったO君。ショップ主催のツーリング(ロードだろうがMTBだろうが)にいつもシクロクロスバイクで参加。アスファルトを走ればいいのに無駄に道を外れて土手を登ったり下ったり。フィジカルが有り余っているのが見ていてわかった。

私「一緒にシクロクロスレースに出ようよ」

O君「仕事の事情でレースはダメなんですよ・・・」

そんな感じだったがCX東京のオープンレース参加で火が付き、遂にCX千葉最終戦にカテゴリーレース初エントリー。見事に一発昇格を果たしました。私がデザインさせてもらった2作目の輪工房ジャージを見事表彰台にあげてくれて嬉しいな。

28616629_2051120405135293_1658604916427826137_o.jpg
Photo by Tomoaki Hori

#シクロクロスは楽しい
SNS、ブログもそうですが、ショップライドでもどこでもシクロクロスレースがどれだけ楽しいかを誰彼構わず語ってきました。CXバイクに乗っていてもやっぱりレースって聞くと尻込みする部分はあると思いますが、一度それを乗り越えてしまえばその楽しさは多くの人が体感してわかるはず。

小貝川冒険ランドでも、たまたま一緒になった初心者CXerにも声を掛けてお節介かな?と思いながらもマウント、リマウントとか担ぎなど、私も諸先輩方から教えてもらったコツを伝えたり。みんないつのまにか同じカテゴリーにはいなくなりましたが(苦笑)

IMG_1665.jpg

そんなCX感染者がまたひとり増えて、また私の昇格順番待ちの列を順番抜かししていったのです。先に昇格されてしまった悔しさなんてのはこれっぽっちもなく(それがないのもどうなの?って感じですがw)、シクロクロス競技の楽しさが伝わったことがとても嬉しいのです。

26198383_1374312562681129_8198603163712854727_o
Photo by Yasuhiro Nakashima

日本選手団の大躍進で閉幕した平昌五輪を見ながら競技の価値を上げることの大切さを改めて痛感しました。カーリングの人気に同じマイナー競技者としてとても興味を抱いています。いろいろな考えや、団体など大きな枠組みでないとできないやり方もあると思います。でもまずは自分でできること。底辺で競技を楽しんでいる私が、その競技がどれだけ楽しいかを語る。トップ選手じゃわからない、できない語り口で。今までは口伝えで半径5mの人にしか伝えられなかったのがインターネット、SNSのおかげで日本どころか世界を感染させられるかもしれない。たった1枚の写真や1つの動画でね。だから下手くそで遅くたって恥ずかしげもなく語るんです。それを含めてこれが私のシクロクロスの楽しみ方だから。

さぁ、週末は2017−2018シーズンを締めくくる最終戦。楽しみますよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1364-30d95443
    この記事へのトラックバック


    最新記事