シクロクロス機材において最も効率的な投資先は?

2017年11月21日 08:00

3シーズン使ったIRCシラクTLのダメージが深刻で次のオールラウンドCXタイヤを必要としていました。シーズン前にチューブラー用ホイールを準備していた事もあり3シーズン振りにチューブラータイヤを使いたいと思います。

シクロクロスにおいて機材に投資するならタイヤから
数あるシクロクロス名言の中でよく聞くのが機材投資はタイヤにするべきって言葉。ロードバイクならホイール、ヒルクライムなら軽量化などが頭に浮かびますが、シクロクロスではタイヤが果たす役割が大きいって事なんでしょう。費用対効果って観点なので、コスト度外視なら最高級カーボンフレームとかでもいいんでしょうけどね。

DSC_0358

有力選手を見ればわかる通り、とりあえずDUGASやFMB、Challengeなどのスキンサイド(コットンやシルク)のしなやかなタイヤを使っておけば間違いないって事。でもこれらは扱いにそれなりの作法が必要。簡単に言えばスキンサイドを含めタイヤの水気を飛ばしレース後はドライに保つ事が必要になります。そのためにアクアシールを塗ってサイドを保護し、レース後は空気を抜いて乾燥を心がける・・・過去にチャレンジの低価格モデルを使った事がありますが、めんどくさがりな自分には向いてないと思ってIRCにしたんだよな。そこでTUFOなどスキンサイドではないチューブラータイヤにしようと思ったのですが、やっぱり中途半端は良くないって事で馬子にも衣装、C4に高級チューブラーを決断しました。

fmbservicecourse.jpg

選んだのはFMB Slalomです。決め手はあらかじめスキンサイドに保護剤が塗ってある事。追加で塗ったほうが良いそうですが、下地ですでに塗ってある方が少なくて済みそうなので。

ローコストで組んだアルミチューブラーホイールに高級チューブラータイヤ。トレーニングもままならないC4 CXerが使ってどうなるのか?基本的な体力が足りてないので成績が上がるとはこれっぽっちも思っていませんが、コーナーリングが気持ち良くなったら嬉しいな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1287-c278296c
    この記事へのトラックバック


    最新記事