repaint 6 完成

2017年09月18日 16:31

構想から5回分けてお伝えしてきたシクロクロスフレームのリペイントプロジェクト。前回で単体塗装の仕上がり、今回は部品組み付け後の完成編です。

repaint_raizin2017.jpg

何と言っても特徴はスチールフレームを磨いたローカラーからのグラデーション仕上げです。クリスキングのヘッドベアリングカラーがちょっとノイズになってしまっていますが、スケルトンになった事によりお目見えした真鍮ろう付けがポイントです。本当はもっと鈍く輝くクロモリの質感を出したかったのですが、ポリッシュまで磨いてしまいました。

DSC_0039

ENVEフォークの塗り分けは従来と同様とし、内側のみベースカラーを塗りました。今回はグロス仕上げとしたところが変わった部分ですね。

DSC_0027

DSC_0031

ステムとシートピラーはマッチペイント。安価なアルミパーツもこうやると愛着が湧きます。

DSC_0022

ベースカラーよりちょっとダークなグリーンで「RAIZIN」と名前を入れました。

DSC_0032

ポップな方向ではなく、オーソドックスな仕様だけれどヒトクセあるような雰囲気を狙いましたが、個人的にはなかなか良いバランスに仕上がったかな?と思います。メタルフレームらしさが出ているのもお気に入り。
ただ、リア周りがちょっと寂しいかな。塗装でどうにかするのは難しいのでシートピラーをアルミ削り出しくらいにした方がいいかもしれません。シルバーを増やしすぎるとオールドスクール側により過ぎてしまうので難しいところですが。それも含め細かいパーツアッセンブルは乗りながらバランス見て更新をしていこうと思います。

シートピラー、ステムはせっかくマッチペイントしたのでしばらくはこのまま。ハンドルとシートクランプ、クリスキングの色をどうにかしたいな。


シルバー27.2のトムソン余らせている人いませんか?(笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

【オマケ】
ちなみに昨年のシーズン前はこんな感じ。

RAIZIN Cyclocross

ファーストシーズン、セカンドシーズンはクロモリフォークでした。

RAIZIN CX

簡単に色を塗り替えられるのは金属フレームの面白さかもしれませんね。

2014 RAIZIN CX
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1244-7f075398
    この記事へのトラックバック


    最新記事