ハイカーブレンズがいらないスポーツアイウェア

2017年09月02日 22:35

私とアイウェアについてはコチラを読んでいただけるとわかりますが、少々厄介な問題を抱えています。そこで書いたようにクリアレンズのスポーツサングラスが欲しいと調査をしていました。いろいろ使ってきましたがOAKLEYがバランスが良くタフで好きなのですが、ちょっと思うところあって他を検討中。そこでアンテナに引っかかったのがSMITHです。本国のサイト見るとかなりカッコイイモデルがたくさん。日本ではかなり限られたラインナップですが、日本企画のモデルがあるのは見逃せません。ファッションではなく矯正器具としてね。
smithswing.png
この写真のモデルはSWING(日本モデル)です。スポーツシーンと日常使いで使えるってコンセプトだそうです。実際に掛けてみたのですが、日常使いも兼ねるって事でスポーツモデルにしてはフィットは緩め。でも軽量なのでずれる感じはあまりないですね。私のあまり好きじゃない動くノーズピースだけどグニャグニャって感じではないのでいいかな。
swingods.png
OAKLEYで言えばハーフジャケットみたいなもんで目新しいデザインでもないのですが、このモデルが気になった理由はODSモデルがラインナップされているから。ODSとはハイカーブのサングラスにノーマルレンズを装着できるアダプターみたいなもの。

R0018617.jpg

気になったので実物を借りてきました。WEBではODSアダプターはクリアでしたが、こちらはブラックです。黒いフレームならブラックでも目立たないかもね。

R0018614.jpg

ちょっと掛けて自転車に乗ってみた限りでは風の巻き込みは気になりませんでしたが、ノーマルレンズより7mmほどレンズ両サイドが前に出るので影響はあると思います。普段使っているOAKLEYスプリットジャケットはかなり顔に沿うようにフィットしますが、このSWING ODSはレンズ下と頬に結構隙間を感じます。ココに汗がたまることがなくてメリットかもしれません。

そして余計なギミックもなく軽量なのは何よりも嬉しい。スプリッとジャケットなどオークリーのモデルは堅牢でスイッチロックなどの構造も面白いのですが、欠点は重いこと。ランをやるとわかるのですが上下に揺れるのが気になるのです。クルマもメガネも軽いは正義です。

一番のメリットはコスト
このSMITH SWING ODSの15,500円。問題のレンズですが、ハイカーブで製作すると3万から4万は覚悟しなくてはいけません。しかし、このODSだとアップチャージなしで普通のメガネと同じ度付きレンズを入れることが可能。最近は安いところで1万円しないんじゃないかな。度付きサングラスが約25,000円くらいで作れる・・・これは目が悪いサイクリストには朗報でしょう。実際にこのメガネを持ち込んで矯正レンズの見積もりをしてもらいましたが8千円ちょいでした。

暗い時用のサブアイウェアとしてとりあえう1本欲しいな。せっかく借りているのでもう少し検証してみます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SMITH(スミス) SWING ODS APPLE TROT メガネ【送料無料】
価格:16740円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SMITH(スミス) SWING ODS METALIC BLUE メガネ【送料無料】
価格:16740円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1236-66ec03cc
    この記事へのトラックバック


    最新記事