SPECIALIZED HENGE MTBサドル 2

2017年08月31日 08:00

購入レポートだけしていたSPECIALIZED HENGEサドルですが、それなりに使ったので簡単な感想を。

SPECIALIZED ヘンジ サドル MTB

本国に比べて日本ではラインナップが限られるSPECIALIZEDMTB用サドル。その中でも幅広フラットな形状でオールマウンテン系のヘンジを選びました。最初はメリダのビッグセブンに取り付けて使っていましたが、トラブルがありビッグナインへ移植して使っています。サドル交換後、春の王滝100kmに向けてのトレーニングと本番で使っているのそれなりの距離を乗っていると思います。

merida big.nine henge specialized

サドルの感想ってポジションや骨格で千差万別。だからこそたくさんのデザインのサドルが販売されているわけで誰かの参考になるようなことを書けるきもしないのですが・・・ロードでローミンEVOを愛用している私には、このサドルの特徴であるフラット形状は合いませんでした。

ロードでPOWERサドルに乗ったときほど、腿の裏が幅広のサドルサイドに当たる感じではないのですが、座りが悪いって感じでお尻が落ち着かないんですよね。MTB(特にシングルトラック)はずっと座りっぱなしじゃないからそれほど気にならない(気になるけどなんとかなる)感じもあったのですが、王滝の様なマラソンレースでは、座ってペダルを回す時間も多くお尻が痛くなってしまいました。

SDA S-CP1

ビブのパッドでもう少し改善はできると思いますが、やはり基本的な形状が合わないことは否めません。すぐになんとかしないと乗れないわけではないのでこのまま使っていますが、何かキッカケがあれば交換したいと思います。

POWERサドルのラウンド形状Ver「POWER ARC」が発表されたので、それをCXに付けて問題がなければ、CXについているROMIN EVOをMTBに・・・って流れがいいかな。

CHROMAG(クロマグ) SADDLE TRAILMASTER 2
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1233-0c96d7e2
    この記事へのトラックバック


    最新記事