SOREX ニューヒッチメンバー 取り付け

2017年07月19日 08:00

先週、注文したヒッチメンバー。受注生産品で2週間かかる予定でしたが、1週間で届きました。これは嬉しい誤算。

【追記】
ソレックスのヒッチラックは差込口が独自規格の40mmなので、トレーラーを引く以外の用途には向いていません。2incタイプの他社製品をおすすめします。詳しくはコチラへ

solechitch.jpg

開封して部品を並べてみたら、思ったより部品点数が多くない。簡単な説明書を見ても問題はなさそう。もう21時過ぎで、翌日も早起きライドだからどうしようか迷ったけど、取り付けちゃいました。

IMG_0778.jpg

ご存知の通り、ヒッチメンバーによって取り付けたいのは自転車のキャリア。クルマと連動するコンビネーションランプはないので電気配線工事はパス。トレーラー接続用のコネクターも取り付けません。写真のヒッチボールも使いませんが、ガタを作っても音が鳴らないようにOリング(ゴム)が2箇所に入ってるとか考えてありますね。

IMG_0780.jpg

ガレージにクルマを入れてリフトアップ。リフトがなかったらこの日にややろうとは思わなかっただろうな。

IMG_0782.jpg
牽引フックを取り外し、助手席側ステーを取り付けたところ

まず、車両既存の牽引フックを取り外します。17mmソケットとラチェットレンチでボルトを3本緩めて外します。牽引フックが取り付けてあるのは車両左右縦に走っているメンバー部分。そこには予め溶接ナットが仕込んであり、そこにヒッチメンバー本体を取り付けるためのステーを固定します。

IMG_0784.jpg
重たいステーをマフラーの上に仮置きできるのである意味、楽だったかも。ボルトは少々締めにくいけどね。

牽引フックを外した助手席側は何も邪魔なものはないのですが、運転席側はマフラーの上になります。ボルトが少し締め辛い感じ。とにかくこのステーが板厚もありかなり重いので寝板(サービスクリッパー)で作業するのは腕が疲れるかもね。でもそんなに大変ではないです。左右のステーを仮締めの状態でヒッチメンバーを取り付けます。19mmのソケットかメガネレンチが必要になります。

hicthoutlander.jpg

作業時間は約30分
全部仮組みができたら本締めをします。ヒッチ本体の角度を気にしながら固定しました。ここまで作業時間は30分くらいでした。

IMG_0794.jpg

翌日に完成写真を撮りました。トレーラーへ接続するコンセント用ステーがおあなり目立ちます。アルミ板やステッカーでもいいので蓋をしようと思います。とりあえず完成!

【追記】
ソレックスのヒッチラックは差込口が独自規格の40mmなので、トレーラーを引く以外の用途には向いていません。2incタイプの他社製品をおすすめします。詳しくはコチラへ

今回取り付けたのはコレ!



私はスチールを選びましたが、マリン関係で使う方はステンレスの方がいいんでしょうね。



配線など別売りの分、一番リーズナブルなのはこれ。ステーが後ろから見えないようになっているのもポイント。












人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1202-facc0aba
    この記事へのトラックバック


    最新記事