タンデム自転車の新車整備

2017年06月19日 22:43

ありがたいご縁があって我がガレージにお迎えしたKHS Tandemania Sport(タンデムMTB)。なんとか自走できるようにしてもらいましたが、本格的に走り出すには多少の整備が必要でした。

IMG_0366

整備するにも整備スタンドに取り付けられるか心配でしたが、洗車用に使っているサブスタンドにてマウントすることができました。これで作業がグッと捗ります。この写真ではすでにサドルとシートピラーの交換が済んでいますね。

IMG_0373

いわゆる軽快車のシートピラーとサドル(ヤグラ一体型)が付いていました。せっかくのスポーツサイクルなのにあのサドルは緊張感がなさすぎます。クッションもフカフカでセンター部分が落ち込み、すぐに尿道圧迫される予感に溢れていました。シートピラーは26mm径とかなり微妙なサイズでしたが、困った時のKALLOY(カロイ)SP-248で対応できました。黒のスチールからピカピカに輝くアルミに替わり実際の重量はもちろんですが、見た目の軽快感も出ましたね。

IMG_0374

サドルはガレージにあったモノで。パイロット側のシートピラーに取り付けてあるストーカー用のハンドル類はネバダルで磨きました。

IMG_0371

ペダルはこれも他の自転車で使っていた部品を流用。パイロットはSHIMANO PD-M540でストーカーはフラペ(三ヶ島 MT-LITE)で。MT-LITEは年代的にもピッタリでしょ。

IMG_0369

懸案事項だったブレーキ。新車といえど経年変化で硬くなってしまっているシューは交換が必要。ただシューを交換するのとそれほど変わらない値段でSHIMANNO Vブレーキ(BRT-4000)が買えてしまったので本体ごと交換しました。

IMG_0379

リアブレーキはダイアコンペ AD990を自転車購入時に頂いていたのでこれを取り付けます。他の所有自転車遠同じように左前ブレーキにしたらワイヤーが届かなかったので、ワイヤーを追加で用意して取り付けました。

ホイールですが、フリーのグリスが固まってしまったからか、かなり回転が悪い状態でした。(クランクを後ろに回すと空回りせずにタイヤも後ろに回る状態)自分で整備しようと思っていたのですが、現在のフリーと構造が違い工具を持っていません。たまたま通りがかった昔からある自転車屋さんに聞いたら工具があるとの事で清掃と給油をお願いしちゃいました。サンツアーの2つの突起があるソケットが必要らしいので準備したいと思います。フロントも一度開けた方がいいのだと思いますが、とりあえずゴリゴリはしていないのでそのままで。チェーン、ディレイラーは給油をしっかりしました。

タイヤは前回の記事でいろいろ書きましたが、今回はパナレーサーのパセラブラック1.75にしました。ポイントでチューブとリムテープも一緒に購入。各部の細かいセッティングはまだですが、とりあえず完成。

タンデマニア スポーツ mtb

妻を呼び、家の前の公園で試運転。ママチャリベースのタンデムとは次元の違う走りに大満足。笑いが止まりません!タンデム自転車楽しいですよー。サイクリングロードを思いっきり走れる日が待ち遠しいな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1183-3f9df021
    この記事へのトラックバック


    最新記事