カーボンフレーム補修完了

2017年06月06日 22:00

前回「カーボンフレーム補修開始」で加温して硬化の作業まで行いました。そこから一晩放置してマスキングなどを剥がして状態を確認します。

カーボンシート

失敗して常温放置していたカーボンシートの残骸もカチカチに硬化していました。結果的によい判断材料となりました。これを狙って予め切れ端にエポキシ塗っておくのはありだと思います。

で、剥がした直後が下の写真・・・カーボンシートを抑えるのに使ったビニール袋はPPだと思っていたのですがPEで、見事にカーボンに張り付いていました・・・

IMG_9785.jpg

それがなければツヤツヤのカーボン柄が美しい感じでしたが・・・ケアレスミスですね。まぁ、一回目だしこんなもんでしょう。ほぼ剥がれたのですが、ビニールに印刷してあった部分が剥がれません。

DSCN2687.jpg

サンダーでヤスリがけしてPEを剥がしつつ塗装のための足付けをします。表面がボコボコが若干気になります。パテ埋めして研磨って手もありますが、見た目よりも強度優先って事でこのまま進めましょう。

IMG_9790.jpg

前に何かで使ったブラックスプレーが少し残っていたので、脱脂したあとに適当にマスキングして塗装します。元々つや消し黒のフレームなので補修部分が目立たないですみました。コインによる打音チェックをすると補修部分は明らかに鈍い音ですが、剥離していた時の感じではなく、厚い樹脂の音って感じかな。

はじめてのカーボン補修をやってみて
キレイで確実な修理を望むのであれば業者さんにお願いしたほうがいいでしょう。4万〜5万は妥当な金額だと思います。私の場合は、コストの問題もなくはないですが、DIY的興味が勝り、今後のこのバイクの活用方法も含めて自分で修理してみることにしました。

着手するまでは、いろいろ情報を集めましたが、はじめてしまえばあっという間。適切な量の樹脂を混合してカーボンを貼り付け、空気を抜き、加温して放っておくだけ。作業をなんとなくやるのは難しいものではありませんが、しっかり完璧に行うのは難しいですね。それに、実際に強度が出たのかはわからないのが問題かな。超音波テストなんかできないので、打音チェックや経験則で判断するしかありません。

小さな破損をこれだけ広い範囲で巻いたのでいきなり折れることはないと思いますけど・・・。まぁ、これで以前のようにガレ場を高速DHする勇気は今の所ないです(苦笑)でも次やったらもっとうまくできるだろうと確信しています。こんな風に補修の体験を楽しめるなら自分でやってみるのも面白いかもしれませんね。そんな時に私の失敗例がお役に立てば幸いです。

IMG_9686.jpg

次回は組んで実際に乗ってみて終了したいと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1177-34c32194
    この記事へのトラックバック


    最新記事