カーボンの修理手順を考える

2017年05月31日 12:30

誰にも教わった事もなく、経験もないので情報はネットで収集。それとFRPを使った部品製作をやったことがあるので、グラスファイバーがカーボンシートに置き換わっただけだろうとお気楽に考えました。

IMG_9690.jpg

ざっくりと書くとこんな感じかな。

1.破損部分のヤスリがけ
2.正確に混合した樹脂刷毛で塗る
3.カットしたカーボンシートを巻く
4.気泡を抜く(2と3を4繰り返して積層)
5.加温して硬化
6.表面をヤスリでならす
7.塗装

それぞれの工程にノウハウがあるようです。例えば4の気泡抜きの工程。実際のモノコックフレームではバルーンなどでカーボンフレームの内側から圧をかけながら、バキュームで空気を抜いて脱泡します。



DIYのレポートを読んでいても患部をPP袋で部分的に覆い密封してバキュームポンプで真空引きしている方もいますね。別件でハンディ掃除機を使いそれに近い事をやった経験もありますが、適当な捨ててもいい掃除機もありません。そこで、FRP製作時にやったローラーでコロコロして脱泡する方法を試そうと思います。そんな感じで材料購入予算1万円以内を目標になんとなくできそうな気がしてきました。

次回は材料購入編です。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1171-4477c119
    この記事へのトラックバック


    最新記事